編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IBM、ネティーザ買収後もNECとDWHアプライアンスの共同開発を継続

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-22 17:16

 米IBMとNECは12月22日、11月のIBMによるNetezzaの買収完了後も、NECとNetezzaが合意したデータウェアハウス(DWH)アプライアンスの共同開発契約を継続すると発表した。同契約に基づき、今後もNECは共同開発したDWHアプライアンスを全世界に向けて販売していくとしている。

 米IBMは9月にNetezzaを約17億ドルで買収すると発表。米国時間の11月11日に買収の完了を発表している。IBMは、同買収について、Business Analytics and Optimization(BAO)コンサルティング組織が提供するサービスを含む、情報およびアナリティクス事業を強化するものだとしている。

 一方、NECとNetezzaは、2月にDWH製品の共同開発を発表。その第1弾として「InfoFrame DWH Appliance」の販売を4月に開始しており、四国コカ・コーラボトリングをはじめ6社への導入が決定しているという。

 NECブランドで共同開発したアプライアンスは、Netezzaのストリーミングアーキテクチャおよび分析データベースソフトウェアと、NECのサーバおよびストレージプラットフォームとを組み合わせた製品。NECは、多くのユーザーへ多様なDWH製品を導入した実績があり、そのうち、NetezzaアーキテクチャのDWH製品については、日本だけでも25社を超えるトップ企業へ展開しているとする。NECでは今後、IBMと共同開発したアプライアンスによって、DWHビジネスのさらなる成長を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]