編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ハイパーバイザでサーバ統合したら、何をすべきか--シマンテックの答え

田中好伸(編集部)

2010-12-24 17:58

 ハイパーバイザでアプリケーションごとに立てていたサーバを統合したら、次は何をすべきだろうか。シマンテックは、その答えの1つとして、アプリケーションの可用性の向上と、ストレージのハンドリングのしやすさを挙げている。同社は12月21日、「VMware」環境下でアプリケーションの可用性を高めるソフト「ApplicationHA」と、同じくVMware環境下でNASサーバを構築するためのクラスタリングソフト「VirtualStore」の説明会を開催した。

 ApplicationHAは、VMware上のWindowsやLinuxといったゲストOSの上で稼働するアプリケーションの可用性を担保するためのものだ。VMwareはハイパーバイザ「VMware vSphere」のコンポーネントとして可用性を高めるための「VMware High Availability(HA)」を提供しているが、ApplicationHAは、VMware HAと連携してシステム全体の可用性を高める。

 具体的には、VMware HAがゲストOSを監視、ApplicationHAがゲストOS上のアプリケーションを監視するという連携策を講じる。アプリケーションに過負荷がかかったり、障害が発生した時には、ApplicationHAがアプリケーションに再起動をかける。場合によっては、ApplicationHAがVMware HAにゲストOSの再起動を依頼するといったこともできる。ApplicationHAの運用管理は、vSphereのツール「vSphere Client」に統合される。

 もともとアプリケーションごとにサーバを立てていたのは、可用性の視点からの安全対策という一面がある。企業内で稼働するサーバ全体の稼働率を高めるためにハイパーバイザでサーバを統合し、システム全体の総所有コスト(TCO)を下げたとしても、エンドユーザーに必要となるアプリケーションの可用性が下がっては元も子もない。

 シマンテックの星野隆義氏(システムエンジニアリング本部シニアマネージャ)は、ApplicationHAのメリットを「VMwareの機能を妨げない」と説明。稼働したまま仮想マシンを別の物理サーバに移動する「vMotion」やIT資源の動的な割り当てとバランシングして、ITインフラを調整する「VMware Distributed Resource Scheduler(DRS)」といった有用な機能の邪魔をしないという。

 「他社製品では、仮想マシンが移動したのをシステム停止と誤認するケースがある。これではかえって可用性を下げることになる」(星野氏)

 一方のVirtualStoreは、ストレージのハンドリングをしやすくするためのものだ。現在、VMware環境に対応するストレージはさまざまなベンダーから提供されているが、その実装や運用、チューニングは「プラットフォームごとに方法論が異なっている」(星野氏)。

 だがユーザー企業の立場でいえば「なるべく標準化された方法論を用いたい」というのが本音だ。また容量の拡張では「サービスの停止と準備に手間がかかる。これも最小のリスクで拡張したい」(星野氏)。ストレージそのものの置き換えも「できるだけサービスを停止させたくないという選択肢だと、ベンダーに縛られることになる」。

 VirtualStoreは、こうした課題に対応する、VMware向けNASサーバを構築するためのクラスタリングソフトだ。VirtualStoreを活用すれば「複数のストレージが1つに見える」(星野氏)という。

 シマンテックのストレージ管理ソフト「Veritas Storage Foundation」の技術を中核にしたVirtualStoreは、主要ベンダーのストレージに対応するとともに、Storage Foundationで実現している「拡張性と信頼性をそのまま継承できる」(星野氏)という。ストレージの「ノード増設時のダウンタイムは数秒、ディスク増設時のダウンタイムはゼロ」(星野氏)とメリットを強調している。VirtualStoreの管理も、vSphere Clientから一括で制御できる。

 現在、クライアントPCの運用管理のしやすさという面から仮想デスクトップ基盤(Virtual Desktop Infrastructure:VDI)が注目されつつある。VDIは、既存のファットPCに比べると運用管理しやすいが、一部の課題として“boot-Storm(ブートストーム)”が認識されるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]