編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

インテル、第2世代の「Core i」シリーズCPU(Sandy Bridge)を正式発表

文:Dan Ackerman(CNET News) 翻訳校正:編集部

2011-01-04 08:04

 Intelは2011 International CESの開幕を前に、同社のデスクトップおよびノートPC用CPUの新シリーズの詳細を正式に発表した。「Sandy Bridge」という開発コード名で呼ばれていたこれらのチップの正式名称は、従来製品と同じ「Core i3」「Core i5」「Core i7」になる予定である。

 Sandy Bridgeプラットフォームの基本的な機能については前々からすでに知られており、新チップを搭載するPCについても、数機種の情報が早い時点で市場にリークしていた。

 Intelによると、32nmマイクロアーキテクチャを基盤として構築されている第2世代の「Core」プロセッサの主だった点は、より高いエネルギー効率と改良された3Dおよびグラフィックス機能などであるという。Intelの「Turbo Boost」技術の最新版である「Turbo Boost 2.0」は、過熱しないように熱管理しつつ、動的な負荷に応じてベースクロック速度を超える性能を各コアで実現する。この新世代のCPUはこれまでの世代と比べて「コンテンツ作成は最を42%、ゲームを最大50%高速にする」とIntelは主張している。

 「Intel HD」グラフックスシステムも大きく刷新される。これまで、ほとんどのノートPCやデスクトップに搭載されているグラフィックス機能では、基本的な3Dゲームでさえも納得のいく性能レベルで実行することができなかった。

 Intelの「Wireless Display」技術もアップデートされる予定である。「WiDi」とも呼ばれる同技術は現在、数機種のノートPCに搭載されており、ノートPCからのビデオ出力を、99ドルで提供されているNetgearの受信機ボックスに接続することができる。Netgearの受信機ボックスは、HDMIを介してテレビなどのディスプレイに接続される。

 Wireless Displayの新しいSandy Bridge版は、サポート解像度が720pから1080pに拡張され、「Intel Insider」と呼ばれる新しいサービスによって保護コンテンツをサポートする。Intel Insiderは、デジタルコンテンツ用の保護されたパスとして機能する(HDCP 2をサポート)。

picture 提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]