編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本IBM、JALとの情シス子会社JALインフォテック株式をJALに譲渡

田中好伸(編集部)

2011-01-04 19:08

 日本IBMは1月4日、日本航空インターナショナル(JAL)との合弁会社であるJALインフォテック(JIT)の保有株式(51.0%)をJALに譲渡することで合意したことを発表した。2011年6月末までに譲渡する。

 JALと日本IBMは2001年に「IT業務についての包括的提携」を締結。このアウトソーシング契約前後に日本IBMはJITに出資しており、2011年6月末のアウトソーシング契約終了後の動向が注目されていた。2010年1月のJALの経営破綻を受ける形で、アウトソーシング契約の見直しも進めていた。

 JALと日本IBMは、アウトソーシング契約を抜本的に見直した結果、システム運用業務領域については、日本IBMが提供してきた継続的な品質向上、生産性向上に対する取り組みを踏まえ、日本IBMが引き続きサービスを提供することで合意している。契約期間は2011年1月〜2014年6月までの3年6カ月となっている。

 JITは、これまでJALグループ向けの業務アプリケーションの開発や保守のほとんどを担い、業務とITにかかわるノウハウを蓄積している。JALのシステム刷新計画を円滑に推進し、JALの再生を確実にするために、JITとともにJAL本体のIT部門の立て直しが必須であると判断している。

 今後JITは、JALグループでITを支える中核的子会社としての位置付けを明確にしていく。グループ外に向けたサービス提供事業についても、これまで培ってきた外販ビジネスのノウハウをもとに、より一層高品質なサービスを提供するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]