編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、ダスキンのIT運用管理アウトソーシング契約を延長

富永恭子(ロビンソン)

2011-01-11 19:27

 日本IBMは1月11日、ダスキンと締結していた2011年3月までのアウトソーシング契約を延長したと発表した。今回延長したアウトソーシング契約は、2010年4月から2014年3月までの4年間で、アウトソーシングの対象は、販売管理や受発注など主要業務向けのサーバ約200台の運用管理となる。

 ダスキンでは、ビジネス成長に合わせた拡張性の高いシステム資源の確保、ITコストの最適化などの要件をふまえ、情報システム運用のあり方を検討。その結果、高品質を維持しつつ一層のITコスト最適化を実現する手段として、IBMがグローバルな体制で提供するアウトソーシングを採用したという。

 日本IBMは、システム運用、障害管理、ヘルプデスクなど、システムの運用管理に必要な機能を、機能ごとに集約する「IBMグローバル標準デリバリーモデル」に即した体制で、今回のアウトソーシングサービスを提供する。同モデルを活用することにより、均一で高品質な運用管理サービスを効率的に提供できるとしている。

 また今回は、大阪にある日本IBMのデータセンターに設置した情報システムを、中国の深センから運用する形でサービスを提供する。IBMグローバル標準デリバリーモデルとグローバル体制の活用により、高品質かつ効率的な情報システム運用を実現することで、ダスキンでは運用コストのさらなる削減を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]