編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Windowsの起動時間を短縮するための5つのティップス - (page 3)

文:Michael Kassner (Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2011-01-28 08:00

#5:Windowsサービスを用いてスタートアップの種類を変更する

 WinPatrolを利用することで、特定のサービスの素性を調べたり、そのサービスの開始をシステム起動時に行うべきか、あるいは必要に応じて手動で行うべきなのかといった判断をすることが容易になる。このため、次のステップは実際に変更を行うことになる。こういった作業にはWindowsサービスを使用する。図Eは、スタートアップの種類を変更するためのウィンドウである。

図E 図E

 Windows VistaとWindows 7には、「自動(遅延開始)」という起動時のオプションが新たに追加されている。これはWinPatrolのDelayed Start機能とよく似ているものの、WinPatrolほど詳細な設定を行うことはできない。

ボーナスティップス:クラップウェアを除去する

 筆者は最近、コンピュータからクラップウェアを除去する方法についての記事を執筆した。その記事の執筆過程において筆者は、ユーザーが望んでもいないにもかかわらずコンピュータにプリインストールされているアプリケーションの多くが、コンピュータの起動時に開始されるようになっているという点に気付いた。さらに悪いことに、こういったアプリケーションは、コンピュータの起動時間を一層増大させてしまっているのである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]