編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

EMCジャパン、ハイエンドストレージの新機能を発表--「データ移行コストをゼロまで削減可能」

藤本京子(編集部)

2011-01-26 19:14

 EMCジャパンは1月26日、ハイエンドストレージ「Symmetrix VMAX」向けの新機能を発表した。新機能により、重要な業務アプリケーションを安全に仮想化できるという。

糸賀誠氏 EMCジャパン テクニカル・コンサルティング本部 プロダクト・ソリューションズ統括部 統括部長 糸賀誠氏

 EMCジャパン テクニカル・コンサルティング本部 プロダクト・ソリューションズ統括部 統括部長の糸賀誠氏は、「仮想化は、コスト削減を目標とする段階から、サービス品質の向上を目指す段階へと進化しており、OracleやSAP、Microsoft Exchangeといったミッションクリティカルアプリケーション領域でも仮想化の採用が進んでいる。こうした中、仮想化の要件として、効率性はもちろんのことセキュリティや保護、可用性、スケーラビリティが求められるようになった」と述べ、「これらの要件を満たすのが、新しい機能を搭載したSymmetrix VMAXだ」とした。

 Symmetrix VMAXの新機能は主に3つ。自動階層化の最新バージョン「FAST VP(Fully Automated Storage Tiering with Virtual Pools)」と、無停止でアレイ間の連携が可能となる「Federated Live Migration」、アレイベースのデータ暗号化機能「VMAX Data Rest Encryption」だ。

 FAST VP最新バージョンの特徴は、従来数十Mバイトから1Gバイトのブロック単位で階層化していたデータを、8Mバイトまで細分化して自動階層化することだ。糸賀氏によると8Mバイト単位での自動階層化というのは「業界最小の粒度」という。小さいブロック単位でデータを分析し、必要なデータのみ低負荷で移動できるため、「パフォーマンスを約40%向上させつつ、約40%のコスト削減が可能。電力消費量も約75%削減できる」(糸賀氏)としている。

 Federated Live Migrationは、アレイベースの組み込み技術で実現するアレイ間ストレージフェデレーション機能で、アプリケーションを止めることなくSymmetrixストレージアレイ間のデータ移行が可能となる。「通常VMAXクラスのストレージを導入する場合、データの移行は1回では終わらず、約半年かけて2回システムを停止して移行することになるが、この機能を使えば、1時間で540万ドルともされる停止に伴うコストをゼロまで削減できる」と糸賀氏。同機能はVMAXに標準搭載されるため、追加ライセンス料は必要ない。

 VMAX Data Rest Encryptionは、ハードウェアベースの新たな暗号化機能で、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることなくデータを暗号化し、仮想環境やクラウド環境におけるストレージ共通プール内でのセキュリティを確保する。RSA Data Protection Managerが組み込まれているため、外部鍵管理システムは不要だ。ディスクドライブ単位で暗号化ができ、ファイバチャネルやSATAなどすべてのドライブをサポートするとしている。

 糸賀氏によると、SymmetrixはAT&T、ESPN、American Expressをはじめ、すでに全世界で数百以上のユーザーにて導入の実績があるという。国内ユーザーは、「名前は明かせないが、すでに2ケタの企業で導入されている」(糸賀氏)とのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]