SCSのERPパッケージ「ProActive」、VMwareに対応

田中好伸(編集部)

2011-01-31 19:43

 住商情報システム(SCS)は1月31日、自社で開発する統合基幹業務システム(ERP)パッケージソフト「ProActive E2」が仮想化ソフト「VMware」に対応したことを発表した。「VMware ESX 3」以上に対応する。

 ProActive E2をVMwareの仮想化環境で稼働させることで、サーバ資源の効率的な割り当てによるハードウェア資源の最適化、テンプレート利用などによるシステム環境構築作業の負荷軽減、システム延命による長寿命化の実現などのメリットをProActive E2の運用でも享受できるという。システム運用要員の最適配置、サーバ台数削減による省スペース化や省電力化によるグリーンITの実現にも寄与するとしている。

 仮想化ソフトの普及と技術革新に伴い、仮想化環境を利用できるアプリケーションが増えてきたとSCSは指摘。ユーザー企業のニーズも多様化しており、開発機や検証機の統合といった小規模の仮想化から、ERPパッケージなどの基幹系システムを含む全社システムの仮想化へと広範になってきていると見ている。そうしたニーズの広がりを受けて、高いシェアを誇り、仮想化ソフトの事実上の標準とされているVMwareへの対応に至ったと説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]