そのサーバは仮想化に適しているか?--サーバ仮想化を検討する際の5つのポイント

文:Brien Posey(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2011-02-07 08:00

 すべてのサーバが仮想化に適しているというわけではない。サーバの仮想化を検討する際には、本記事で解説しているポイントに目を向け、障害となり得る点を洗い出しておいてほしい。

 近頃はサーバの仮想化が大流行であるとはいうものの、仮想化に適していないサーバも存在している。このため、サーバの仮想化を行うにあたっては、いくつかの点をチェックしておく必要がある。以下に、ある物理サーバが仮想化に適しているかどうかを判定するうえでのティップスを紹介する。

#1:ハードウェアの一覧を作成する

 物理サーバの仮想化を検討しているのであれば、まずサーバに搭載されているハードウェアの一覧を作成するのがよいだろう。仮想化した際にレプリケーションできない特殊なハードウェアがないかどうか、事前に確認しておく必要があるのである。

 こういったものの典型的な例を挙げてみよう:何年も前の話になるが、一部のソフトウェア企業は、ソフトウェアの不正使用を防止するためにドングルというデバイスを採用していた。ほとんどの場合、こういったドングルはサーバ本体のパラレルポートに差し込んで使用するようになっているのだが、そもそも最近のサーバにはパラレルポートというものが存在していない。つまり、こういった不正使用防止デバイスを用いなければならないレガシーアプリケーションを稼働させているサーバは、おそらく仮想化することができないだろう。

 同じことが、USBデバイスに依存するアプリケーションを稼働させているサーバについても当てはまる。ほとんどの仮想化プラットフォームは仮想マシン上でのUSBデバイスの利用を許していないため、こういったデバイスに依存するアプリケーションは大きな障害となるはずだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]