iPhoneやiPadを対象にした企業向け文書配信管理SaaS--10台で月額5万円

田中好伸(編集部) 2011年02月04日 14時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィードテイラーとスマートスタイル、住友セメントシステム開発の3社は2月3日、iOSアプリを活用した企業向け文書配信管理クラウドサービス「SyncBoard for Enterprise」の提供を開始したと発表した。企業内で活用されているiPhoneやiPadに対して文書やコンテンツを一括管理、配布、運用できるという。端末台数10台までで月額5万2500円で利用できる(容量20Gバイトの場合)。

 これまでiPhoneやiPadの導入は、効率やセキュリティが重視される企業には手順の煩雑さやセキュリティポリシーとの兼ね合いなど、安全性の確保が難しいことを理由に活用実現が困難だったという。

 今回のSyncBoard for Enterpriseは、企業での利用を念頭においた各種機能により、セキュリティを確保しつつ文書やコンテンツを共有、配布できるシステムだという。具体的には、情報漏えいを防ぐリモート削除、誰がいつ文書を閲覧したのか、ログを細かく収集、管理、紛失時の閲覧ロック、アプリ連携によるファイル複製の制限、端末単位でのアクセス制限管理、文書単位での閲覧期限設定やデータ保護APIを使用した暗号化といった機能が備えられている。

 SyncBoard for Enterpriseを活用することで、最新の文書を常に社内外を問わずにiPhoneやiPadで閲覧できるという。ペーパーレス化することで、経費削減にも貢献できるとしている。SyncBoard for Enterpriseには、文書の全画面表示や更新文書の一括ダウンロード、独自開発のPDFビューワなどの機能も備えているという。

 SyncBoard for Enterpriseは、フィードテイラーが自社内で活用している文書配信管理システムがベースとなっている。スマートスタイルのMySQL技術を基盤にしたLAMP構成での運用と経験をもとに、スマートスタイルが技術サポートと保守の支援を担当する。住友セメントシステム開発が総販売元となっている。インフラには、インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するIaaS「IIJ GIO」を採用している。

図 「SyncBoard for Enterprise」の機能イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算