編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

次期OS「Mac OS X Lion」でIT管理者の負担を軽減?--目玉機能から考える

文:Erik Eckel(Special to TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎

2011-02-09 08:00

 OSのメジャーリリースは大抵の場合、企業のIT管理者には苦痛だ。場合により、ユーザーは決まり切った操作を行うために、新しい方法を学ばなくてならない。メニューは変わる。よく使われるアプリケーションの場所も移動してしまう。また、新しいOSを動かすには、ずっと高速なコンピュータが必要になる。

 ありがたいことに、「Mac OS X Lion」ではそういうことはない。実際このOSは、企業のIT管理者の仕事を容易にしてくれる。以下ではその理由を説明していこう。

Mac App Store

 2011年夏に(高く評価されているAppleのMac OS Xプラットフォームの8つ目である)Lionがリリースされる際には、デフォルトでMac App Storeが利用できるようになる。Dockに新しく追加されるシンプルなアイコンを活用すれば、IT管理者はエンドユーザーにアプリケーションの入手、インストール、アップデートの負担の一部を、エンドユーザーに委譲し始めることができる。そのうち、業界ではアプリケーションのオンライン配信とメンテナンスが普通になるかもしれない。

 Appleの広告にもあるとおり、外箱やディスクはなくなる。ユーザーは、1クリックでダウンロードとインストールが可能になるこの仕組みを使うことで、クリック1つで新しいアプリケーションを使い始めることができる。カテゴリ別にアプリケーションを探すこともできるし、サンプルのスクリーンショットを見ることもできる。ユーザーは購入前にレビューを読むこともできる。

 新しいプログラムはそのままDockにインストールされるため、使うのも簡単で、IT部門にサポートを求める電話がかかってくることも少なくなるだろう。また、アップデートもApp Storeを通じて管理される。アップデートが提供されると、App Storeからユーザーに対して通知され、アップグレードやパッチ管理の作業も簡単になるため、IT管理者が行うアプリケーションのメンテナンスやパッチ適用の負担は減ることになる。

 こういった利点や効率化以外にも、さらに大きなメリットがある。エンドユーザーが新しいMacを購入した場合(あるいはなくしたり、故障したり、古くなったりしたシステムを買い換える場合)、アプリケーションを再び複数のマシンにダウンロードできるのだ。再購入は必要ないし、インストール用メディアを探す必要も、キャビネットからライセンスキーを掘り起こす必要もない。

 Mac App StoreがAppleの起こした革新的な変化だということに異論があるのなら、しばらく待ってみればいい。Microsoftは近いうちにWindows App Storeを打ち出し、その機能を革命的なものだと言い出すだろう。しかし、Appleはとうに実現済みだ。

Launchpad

 この新OSには、Launchpadと呼ばれる、アプリケーションとシステムへのアクセスを容易にする新機能が追加される。LionのDockにはLaunchpadのアイコンが表示される。Launchpadを立ち上げると、その時開いているウィンドウが消え、スクリーンいっぱいにアプリケーションのアイコンが表示されて、大人気のiPhoneやiPadのユーザーインターフェースそっくりになる。これによって、管理者は(大きな組織の場合は特に)アプリケーションに関するサポートが軽減されるはずだ。すでにiPhoneやiPadに親しんでいるユーザーは、Lionでも同じアプリケーションインターフェースが使えることになる。また、iPhoneやiPadでオンライン購入したアプリケーションが自動的に現れるのと同じように、新しいアプリケーションはLaunchpadの画面にも表示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]