編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ウルシステムズ、基幹バッチ用フレームワークをOSS化--Hadoopベースに開発

田中好伸(編集部)

2011-02-09 21:21

 ウルシステムズは2月9日、基幹業務システムのバッチを高速処理するためのソフトウェアフレームワーク「Asakusa Framework」を開発、オープンソース化して提供することを発表した。オープンソースソフトウェア(OSS)の分散並列処理フレームワークの「Hadoop」をベースにしている。

 Asakusaは企業の基幹バッチシステムの高速処理を目的に開発、Hadoopに対応した業界初のソフトウェアという。Hadoop上に基幹バッチシステムに必要な開発環境や実行環境、運用環境を実装しており、従来長時間かかっていた業務処理を高速に、安価に、かつ安全に実行できるとしている。

 Hadoopに詳しくない技術者でもAsakusa上で簡単にシステム開発できることから、分散技術によるメリットを広い分野で享受できると説明している。ウルシステムズによると、実案件での適用が進んでおり、Asakusaにより4時間かかっていたバッチ処理が数分で完了した実績もあるという。

 Asakusaのベータ版をNTTデータやイーシー・ワン、インテック、NECなど限定パートナー向けに提供しており、すでに複数社で導入検討が進んでいるという。OSS化した正式版は3月からの提供を予定している。

 Hadoopは大容量データを多数のサーバに分散して並列処理させることで高速なデータ処理を実現できるといわれている。だが、ウェブデータの分析や消費者の行動解析などBtoC分野での利用が多く、企業の基幹業務システムに適用するには機能や運用環境が不足しているとされている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]