編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MSとノキア、携帯事業で提携--Windows Phone 7をノキア端末で採用へ - (page 2)

文:Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正:編集部

2011-02-11 23:07

 エコシステムの販売において両社はともに、今回の取引に提供できるものがある。Microsoftは携帯電話機を、Nokiaが課金に関してキャリアと結んでいる契約と連携させることが可能になる。このような請求方法はクレジットカードがそれほど普及してない国では一般的である。また、Nokiaは、自社のアプリケーションストアをMicrosoft Marketplaceに組み込む予定である。


NokiaはこのたびのMicrosoftとの提携をウェブサイトでも喧伝している。
提供:Nokia

SymbianとMeeGoの終焉

 今回の提携は、SymbianとMeeGoの漸進的終焉を意味する。両者はそれぞれ、Nokiaにとって主力および次期のスマートフォンOSである。Symbianは、Windows Phoneに段階的に置き換えられる予定だが、Nokiaは、1億5000万台のSymbian端末を当面の間は出荷する。

 また、Nokiaは、2011年後半にMeeGoベースのスマートフォン1機種を出荷する予定だが、Elop氏は、同端末を「学習の機会」と単に呼んで忘却の彼方に追いやった。MeeGoエンジニアは、今後のデバイスとユーザーサービスの探求に「焦点を向ける」ことになるという。

 Nokiaは、GoogleのAndroid OSの採用を真剣に検討したが、究極的にはGoogleにとって利益にこそなれ、Nokiaにとって悩みの種にしかならないことを恐れた、とElop氏は述べた。

 Elop氏は、「あのエコシステム内での差別化は難しいと思う」と述べる。Android陣営に加わることで、同陣営は巨大化すると思われるが、「価格、利益、そしてすべてが減少する一方で、バリューはGoogleへと流れていく」(Elop氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]