編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

EMCジャパン、統合ストレージ投入でミッドレンジからローエンドに照準

大川淳

2011-02-16 16:30

 EMCジャパンは、ユニファイドストレージの新製品「EMC VNXファミリ」を発表した。EMC VNXは、NASの「EMC Celerra」とSANの「EMC CLARiX」を1つのブランドに統合し、NASとSAN両方に対応するデータ自動階層化機能を実装した製品。ミッドレンジストレージの「VNXシリーズ」と、エントリモデルの「VNXeシリーズ」の2つのラインアップで構成される。

 EMC VNXには管理ソフト「Unishpere」が用意されており、NASとSANをGUIとウィザードを通じて操作することができる。また、ストレージの状況を共通インターフェースで一元的に管理するとともに、ストレージ管理の内製化を実現することが可能など、「コスト削減につなげることができる」(EMCジャパン)機能を搭載したとしている。

 ミッドレンジ向けのVNXシリーズは、「FAST(Fully Automated Storage Tiering)」と呼ばれる自動階層化機能を備えている。これは仮想のストレージプールを用い、使用頻度の高いデータ領域は高速なSSDへ、低いデータ領域は安価なNL-SASドライブへに移動するなど、自動的に最適なデータ配置を実行する。FASTが提供する機能によってSSDを有効活用することができ、コストを抑えながらパフォーマンスを最大化することが可能になるという。

中野逸子氏 中野逸子氏

 同製品は基本的にデータセンターや部門システムを対象としており、データベース、メール、業務システムなどのSAN、オフィスデータやCADなどのファイル保存用NAS、仮想化向けストレージなど「企業のほとんどすべてのニーズに対応できる」(EMCジャパン テクニカル・コンサルティング本部 プロダクト・ソリューションズ統括部 マネジャー 中野逸子氏)製品とされる。

 VNXシリーズは、最上位機種で最大物理容量1974TBの「VNX7500」を筆頭に5モデルが提供される。参考価格として、中間的な機種の「VNX5300」(最大物理容量2.4TB)では、NASだけの構成の場合で211万4490円、SANだけの構成で237万9615円、SAN+NAS統合構成で271万3620円。2月15日から販売を開始する。

 VNXeシリーズは、主に中堅中小企業、あるいは大手企業の拠点向けの製品。エンタープライズクラスのストレージをより簡単に導入、管理できるようシンプルに設計されたストレージで、「専門知識があまりない場合でも使いやすく、設置スペースも大きくならないように設計しており、機能を絞り込んだ」(中野氏)という。最小構成サイズ2Uの「VNXe3100」と、3Uの「VNXe3300」の2モデルを揃えているが、価格は4月の発表予定。4月から販売を開始する。

山野修氏 山野修氏

 EMCジャパン 代表取締役社長の山野修氏は、VNXファミリのテーマは「簡単、効率的、お手頃」と話す。これまで「EMCはどちらかといえば、ハイエンドを主としてきた」(山野氏)が、今回の製品はミッドレンジとローエンド領域に照準をあわせている。

 その意図は「ハイエンド向けは若干マイナス傾向にあるが、ミッドレンジとローエンドは伸びている」という状況があるからだ。「情報インフラのすべてのラインナップをそろえていきたい。ミッドレンジ、ローエンドでのシェアも高め、ストレージのナンバーワンベンダーを目指す」(山野氏)ことが狙いだ。

EMC VNXファミリ EMC VNXファミリ※クリックで拡大画像を表示

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]