編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

サイベース、リアルタイムDWHスイートを提供--基幹DBの性能落とさずに転送

富永恭子(ロビンソン)

2011-02-17 19:50

 サイベースは2月17日、リアルタイムなデータ分析を支援する「Sybase Real-Time DWH Suite」を3月1日から提供すると発表した。

 Real-Time DWH Suiteは、基幹システム内のデータベース(DB)から、データウェアハウス(DWH)専用DB「Sybase IQ」に高速にデータを転送し、基幹システムのパフォーマンスに影響を与えずにリアルタイムにデータを分析できるというスイート製品。Sybase IQと、DB間のリアルタイムなデータ移動を実現するミドルウェア「Sybase Replication Server Real-Time Loading Edition(RTL)」、Windowsベースのモデリングツール「PowerDesigner」で構成される。

 従来、DWHへのデータ転送はバッチ処理で行われていたため、処理速度が遅く、稼働中のDBにも負荷を与えることが問題になっていたという。サイベースでは、Replication Server RTLの高速レプリケーション技術を使用し、バッチ処理ではなく、DBの更新ログだけをまとめてSybase IQに転送することで、ボトルネックとなっていたデータ転送のパフォーマンスを大幅に改善したとしている。

 転送されたデータは、Sybase IQで分析される。ソースDBの更新、削除などトランザクションで発生したデータの差分である更新ログのみを容易に抽出でき、同期のためのシステム開発が不要で、メンテナンスも容易だという。複数の基幹システムから1つの情報系システムにデータを集約し、一元化することも可能だという。既存システムを活用しながら、分単位や秒単位でのリアルタイムなデータ分析が可能となり、企業の迅速な意思決定と競争力強化を支援するとしている。

 Real-Time DWH Suiteの対象DBは「Sybase Adaptive Server Enterprise」 15.0.3以降、「Oracle Database 10g」以降。価格は個別見積りとなる。

図 Real-Time DWH Suiteの概念図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]