編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2009年度の中堅企業向けERP、オービックが出荷金額でシェア1位--ITR調査

ZDNet Japan Staff

2011-02-23 20:34

 アイ・ティ・アール(ITR)は2月23日、ERPおよび連結会計製品の国内58社のソフトウェアベンダーの製品調査を行い、国内市場規模および動向を「ITR Market View:ERP市場2011」としてまとめた。合わせて、ERP市場全体、中堅企業向けERP市場の市場規模推移、および中堅企業向けERP市場のベンダーシェアを発表した。

 同調査によれば、2009年度の国内ERP市場全体の出荷金額は約835億円になったという。これは、前年比で6.2%減の結果だ。ITRでは、景気後退によるIT投資の削減が影響して、2008年度に続いて2年連続のマイナス成長となったが、2010年度は国内景気が徐々に回復傾向にあることから、前年比8.8%増に拡大すると予測している。

 また、中堅企業向けERP市場は、2008年度までは堅調な成長を維持してきたが、2009年度の出荷金額は370億4000万円(前年比2.3%減)とマイナス成長に転じた。同市場の2010年度は、IT投資の拡大に伴って回復し、前年比7.9%増、399億7000万円となると予測している。

 2009年度の中堅企業向けERP市場のベンダーシェアでは、オービックが豊富な業種別パッケージと全国的な販売網を強みに安定した出荷金額を維持し、23.1%のシェアを占めたという。2位には、従来製品に加え、富士通から製品(GLOVIA smart)が移管されたことにより、富士通マーケティングが浮上している。

 ITRのプリンシパル・アナリストである浅利浩一氏は、「中堅企業向けERP市場は、レガシー化している基幹系業務システム全体のリプレースや、部分的に導入されたパッケージを刷新するといった案件によって成長が期待できる。しかし今後は、これまでのベンダー、製品の勢力図に大きな変革が生ずる可能性も見えてきている。比較的規模の大きな中堅企業は、大企業と変わらない業務の複雑性を内在している場合が多く、子会社や取引先、およびグローバル対応を含めたシステム化、そしてIFRS対応へのニーズに対して、どこまでベンダーが応えられるかが問われてくるだろう」とコメントしている。

2009年度出荷金額ベースの中堅企業向けERP市場ベンダーシェア 2009年度出荷金額ベースの中堅企業向けERP市場ベンダーシェア(出典:ITR「ITR Market View:ERP市場2011」、出荷金額はベンダー出荷のライセンス売上げのみを対象とし、3月期ベースで換算)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]