コミュニケーション力をさらに高めるための10のやり方

富永恭子(ロビンソン) 2011年02月24日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ハーバード医学大学院の研究者であるIsaac Kohane氏が、「研究者同士の物理的な近さが科学研究のクオリティに及ぼす影響」を調べた研究を発表した。この研究によれば、共同執筆者間の物理的な距離が近いほど論文のクオリティも高い傾向にあったという。

 この結果には、いろいろ見方もあるだろう。しかし少なくとも、あるひとつの成果物を生み出すにあたって、インターネットによる電子的なコミュニケーションが、まだ「物理的な近接性」に基づく従来のコミュニケーションに完全に取って代わる代替手段とはなり得ていないことを示す、ひとつの例であるとは言えそうだ。

 経験的にも、重要な新しいアイデアは、いまだに同じ空間を実際に共有する人々や、そこでの他愛もない会話から生まれているケースが多いと感じる。むしろ、インターネットが対面と同様にコミュニケーション手段として重視される時代だからこそ、両者を駆使して、お互いに伝えたいことを正しく伝え、理解できる、より深いコミュニケーションを構築する力が必要になっているのかもしれない。

 そこで今回は、自分の中に埋れているコミュニケーション力を強化するために意識しておきたい「10のやり方」を考えてみた。

#1:たくさんの情報を一度に伝えない

 昼に弁当を食べたとしよう。それが幕の内弁当なら、栄養バランスは抜群だし美味しいのだが、ひとつひとつのおかずは思い出せなかったりする。しかし、おかず一品勝負の「ステーキ弁当」なら、その肉の味は結構長い間、記憶に残っているものだ。

 コミュニケーションも同様で、一度にたくさんの情報を伝えようとすると、かえって重要な情報が相手の印象に残らなくなってしまう。特に時間が決められている会議やプレゼンでは、あれもこれもと欲張りすぎて、さまざまな情報を雑多に詰め込んだ話よりも、いちばん魅力的な部分にテーマに絞った話の方が、聞く側の関心を引き、相手の記憶に明確なメッセージを残すことができる。

 自分のアイデアを人に伝えるとき、そのアイデアに思い入れがあればあるほど、あれもこれもと多くを伝えたくなるものだ。しかし相手は、あなたの伝えたいことすべてを受けとめて、同じように理解することはできない。手広い守備範囲をアピールされても、特別な決め手がなければ引力は生まれず、結局は、ひと目でわかりやすく美味しそうな「ステーキ弁当」が選ばれる。相手を引きつけるために大切なのは個性や強み。それがチャームポイントとなり、訴求力を高めていくのだ。

#2:自分自身の「店構え」を決める

 自分の個性や強みを見つけるためには、会社の看板ではなく、自分自身の「店構え」を決めなければならない。

 まず、自分は何が得意なのか、どんなことを考えて仕事をしているのか、これまでの実績や成果には何があるのかなど、自分を棚卸ししてみよう。そして、自分自身のキャッチコピーやキーワード、簡潔なプロフィールを作ってみる。それらを作ることで、自分のスタイルや目標に合った「店構え」ができ、他の人からも明確に見えるようになる。

 いわば、自らコミュニケーションのステージを削りだして用意するのだ。そうすれば、そのステージで自分の個性や強みを浮き彫りにすることができる。

#3:伝えたいことを絵に描いてみる

 筋肉はバランスよく鍛えることが大事なように、コミュニケーションにもバランスは重要だ。たとえば会議でも、理屈は正しいがどこか魅力が足りないとか、分厚い資料をめくってもイメージが湧かないなどというときは、このバランスが偏っている場合が多い。

 バランスを整えるためには、論理的なコミュニケーションとイメージでのコミュニケーションの「反復横跳び」が必要になる。言葉だけのコミュニケーションは、ときに回りくどかったり、冗長すぎることがある。そんなときは、伝えたいイメージを即興でイラストとして描いてみるのもいいだろう。

 イメージから、それまで使われていなかった思考や感性が刺激され、それをきっかけに新しい議論が始まる。つまり、論理的思考と感覚とを往復させることで、コミュニケーションが活性化するのだ。もちろんビジネスの現場では、最終的には理詰めで検証する必要もあるだろう。しかし、そこまでの過程で、この反復横跳びがあるのとないのでは、だいぶ結論も違ってくるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]