編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「GNOME Shell」対「Ubuntu Unity」:勝つのはどちらか

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎

2011-03-09 08:00

 「GNOME Shell」も「Ubuntu Unity」も、その全貌が見え始めている。これら2つの新たなデスクトップは、良くも悪くもユーザーからさまざまな反応を引き起こすだろう。しかし最後には、これらのデスクトップのどちらかが勝利を収めることになる。勝つのはどちらだろうか?ここでは、この2つを比較し、GNOME ShellとUbuntu Unityの将来を占ってみたい。

第一印象

 まず、ユーザーが第一印象でどう感じるかを検討してみる。ここでは、ユーザーはどちらのデスクトップについても事前知識がないと考えよう。彼らはどんな反応を見せるだろうか。2つのデスクトップを比べてもらえれば(図Aおよび図B)、わたしと同じ結論に至る人もいるだろう。第一印象では、Ubuntu Unityの方が新しいユーザーには扱いやすい。なぜなら、新規ユーザーは画面の左上にマウスカーソルを持っていくという操作や、ランチャーメニューを開くにはActivitiesボタンをクリックすればいいといったことを、一目で理解することはないからだ。Unityの場合、ランチャーはデスクトップ上に表示されており、クリックすれば使えるようになっている。

図A Ubuntu Unityのデスクトップ 図A Ubuntu Unityのデスクトップ
図B GNOMEのデスクトップ 図B GNOMEのデスクトップ

 図のデスクトップはどちらもデフォルト状態のものだ(品質の高いスクリーンショットを撮るために立ち上げたGIMPを除く)。GNOME Shellの場合、アプリケーションを立ち上げる手段が一目で分からず、新しいユーザーは戸惑うだろう。

 しかし、Unityが優位なのは、ほとんどここだけだ。

もう少し掘り下げる

 表面的なことを乗り越えると、Ubuntu Unityにはいくつか目立った問題が見え始める。ここでは、もっとも目立つものをいくつか挙げてみよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]