「GNOME Shell」対「Ubuntu Unity」:勝つのはどちらか

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎 2011年03月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「GNOME Shell」も「Ubuntu Unity」も、その全貌が見え始めている。これら2つの新たなデスクトップは、良くも悪くもユーザーからさまざまな反応を引き起こすだろう。しかし最後には、これらのデスクトップのどちらかが勝利を収めることになる。勝つのはどちらだろうか?ここでは、この2つを比較し、GNOME ShellとUbuntu Unityの将来を占ってみたい。

第一印象

 まず、ユーザーが第一印象でどう感じるかを検討してみる。ここでは、ユーザーはどちらのデスクトップについても事前知識がないと考えよう。彼らはどんな反応を見せるだろうか。2つのデスクトップを比べてもらえれば(図Aおよび図B)、わたしと同じ結論に至る人もいるだろう。第一印象では、Ubuntu Unityの方が新しいユーザーには扱いやすい。なぜなら、新規ユーザーは画面の左上にマウスカーソルを持っていくという操作や、ランチャーメニューを開くにはActivitiesボタンをクリックすればいいといったことを、一目で理解することはないからだ。Unityの場合、ランチャーはデスクトップ上に表示されており、クリックすれば使えるようになっている。

図A Ubuntu Unityのデスクトップ 図A Ubuntu Unityのデスクトップ
図B GNOMEのデスクトップ 図B GNOMEのデスクトップ

 図のデスクトップはどちらもデフォルト状態のものだ(品質の高いスクリーンショットを撮るために立ち上げたGIMPを除く)。GNOME Shellの場合、アプリケーションを立ち上げる手段が一目で分からず、新しいユーザーは戸惑うだろう。

 しかし、Unityが優位なのは、ほとんどここだけだ。

もう少し掘り下げる

 表面的なことを乗り越えると、Ubuntu Unityにはいくつか目立った問題が見え始める。ここでは、もっとも目立つものをいくつか挙げてみよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算