主要ISPの稼働状況--東北では一部つながりにくい状態

2011-03-11 18:31

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で、一部のISPにも被害が出ているようだ。ここでは主要ISP広報部に問い合わせた現状をお伝えする。

 総務省の「重要なお知らせ」にある「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に関する被害状況等について) 」資料(PDF:3月11日23時30分現在)に、通信や放送関連の被害情報が報告されている。それによると、KDDIの東北と関東を結ぶ陸上・海底ケーブルが断線したため、東北以北と関東以西のKDDI同士で、固定電話(約20万回線)、携帯電話(基地局約1000局)が全線不通とった内容が記載されている。[2011年3月12日(土)午前1時45分追記]

  • ニフティ
    青森、宮城、岩手などのエリアで接続障害が発生。詳細は会員サポートページに掲載。
  • NECビッグローブ
    現時点では問題は確認できていない。
  • KDDI
    IP電話サービスを含めて、現時点で問題報告は受けてない。
  • NTTコミュニケーションズ(OCN)
    OCNとVPNなどの一部サービスが東北地方を中心に利用できなくなっていることを確認している。また、市外通話もつながりにくくなっている。
  • NTTぷらら
    他キャリアの影響を受け、一部の顧客に特定のサービスを提供できていないという。また、映像配信サービスも放送局側の都合で、多チャンネル放送サービスの一部を利用できない顧客がいる。

 CNET Japanでは、ほかのISPについても問い合わせ中だ。ただし現在、電話のつながらない状況が続いている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]