編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

知る価値のある無名Linuxディストリビューション10選 - (page 3)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-03-16 08:00

8.SLAMPP

 SLAMPPはSlackwareベースのLive CD式ディストリビューションで、サーバにはこれさえあればいい。このディストリビューションを動かせば、HTTP、FTP、DHCP、DNS、その他多くのサーバが揃う。しかも、このディストリビューションは、インストールする必要さえない。Live DVDを使えば、簡単にそういったサーバをすべて立ち上げることができる。SLAMPPは「インスタント家庭用サーバ」ディストリビューションなのだ。

9.Ubuntu Christian Edition

 Ubuntu Christian Editionは、その名前が示すとおり、キリスト教向けに作られたUbuntuベースのディストリビューションだ。これには、数多くのキリスト教向けソフトウェアが含まれている(XiphosOpenSongE-Swordなどのソフトウェアに加え、ペアレンタルコントロールのためのツールなど)。

10.Ubuntu Satanic Edition

 その名前から、Ubuntu Satanic Edition(USE)はUbuntu Christian Editionの逆のパターンだと思う人もいるだろう。実際には違う。公式ウェブサイトによれば、USEは「最高のフリーソフトウェアと、最高の無料ヘビーメタル音楽を1枚のCDで提供する」ものだ。この「Undead CD」はUbuntu 10.04をベースとしており、標準的なソフトウェアと、ダークな色のヘビーメタル調のテーマに加え、クリエイティブコモンズライセンスのヘビーメタルを収めた50分のフルアルバムが収録されている。他に、USEにあって標準的なUbuntuにないものは、一番ロックなのは誰かを利用者たちに知らしめようという意気込みだけだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]