編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ペンタックス、地震の被災者にカメラの修理特別を受付

坂本純子 (編集部)

2011-03-17 12:20

 HOYA PENTAXイメージング・システム事業部は3月17日、東日本大震災を受け、今回の災害で被災した製品について、修理が可能な場合は特別料金で修理すると発表した。期限は、9月30日受付分まで。

 対象となるのは、デジタルカメラ、フイルムカメラ、交換レンズ、アクセサリ。災害救助法が適用された地域に住む個人を対象とする。

 製品とともに市町村発行の罹災証明書(コピー可)を添付し、下記のサービスセンターへ直送する。なお、送料は送り主の負担となる。指定の日時や場所に梱包資材をもって引き取る「ペンタックスピックアップリペアサービス(有料)」もある。

●修理品の送り先

ペンタックス 東京サービスセンター
〒174‐0041 東京都板橋区舟渡1‐12‐11 ヘリオスII ビル3階
電話 03‐3960‐5140(代)
ペンタックス 大阪サービスセンター
〒542‐0081 大阪府大阪市中央区南船場1‐17‐9
電話 06‐6271‐7996(代)

●各種お問い合わせ

お客様相談センター
電話 0570‐001313 (ナビダイヤル) ※全国どこからでも市内通話料金で利用できる。ご利用できない場合は、03‐3960‐3200へ。

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・応援・事業継続

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]