編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows SBS 2011」について知っておくべき10のこと

Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-03-18 08:00

 新たにリリースされた「Windows Small Business Server 2011」(SBS 2011)には、いくつかの大きな変更が盛り込まれている。本記事では、新たに提供される機能と、このリリースにおけるより複雑な側面について解説する。

 MicrosoftのWindows Small Business Serverは、これまでにも数多くの小規模企業におけるWindowsネットワークの管理方法に変化をもたらしてきた。新たなバージョンが登場するたびに、重要な変更が盛り込まれてきたのである。例を挙げると、Windows Small Business Server 2003においてExchange Server 2003サービスが搭載され、その後継であるWindows Small Business Server 2008ではHyper-Vがライセンスされるようになった。これらの変更は小規模企業や、そういった企業をサポートするITプロフェッショナルに多大な影響を与えてきた。そして、この伝統を受け継いでいるSBS 2011にも、重要な変更が数多く盛り込まれている。

1:すでにリリースされている

 MicrosoftはすでにWindows Small Business Server 2011をリリースしている。本記事執筆時点では、SBS 2011 Standardと、オプションであるSBS 2011 Premium Add-onがリリースされており、SBS 2011 Essentialsのリリース日も2011年前半に予定されている。

2:2つのエディションが存在している

 Microsoftによると、同社はSBS 2011として2つのエディションを用意しているという。その一方で、ITプロフェッショナルのほとんどは、SBS 2011が3つのバージョンのラインアップであると考えるだろう。こういった違いは、MicrosoftがSBS 2011 Premium Add-on(1604ドル)を、その名前が示す通りアドオンコンポーネント(1096ドルのSBS 2011 Standardプラットフォーム用)であると見なしており、個別のエディションと見なしていないことに起因している。なお、もう1つのエディションであるSBS 2011 Essentialsは545ドルであり、最大で25のクライアントをサポートするようになっている。

3:Premium Add-onによりSQLが追加される

 Small Business ServerプラットフォームにSBS 2011 Premium Add-onを導入することで、SQLの使用が可能になる。つまり、データベースの一元管理を行う必要があるような、規模が大きめの中小企業やホームオフィスでは、SQL Serverを必要とするビジネスアプリケーションの利用にはアップグレードが必要となるわけである。SBS 2011 Premium Add-onを導入することで、SBSプラットフォームはSQL Server 2008 R2 for Small Businessにアクセスできるようになる。なお、SQL Server 2008 R2 for Small Businessは、SQL Server 2008 R2 Standardと同等の機能を有しているものの、その利用が許されているのはSBS 2011環境においてのみとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]