編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウェブブラウザを高速化するのための5つのヒント

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-04-13 08:00

 誰もが、ウェブページの読み込みは速い方がいいと思っているはずだ。このご時世に、ウェブページの読み込みを待つ時間のある人など、どこにいるというのだろうか。これは、わたしのようなタブ中毒者には特に重要なことだ。10から15個のタブを同時に開いているウェブブラウザを使うようなことがある人なら、ブラウザの読み込み速度が重要なことは骨身にしみて知っているはずだ。しかし、それを実現するにはどうしたらいいのだろうか。もしすでにネットワークをギリギリまで使っているとしたら、それ以上速く表示するにはどんな技を使えばいいのか。それでもやれることはあるのだ。

 すべての対処法が、すべてのユーザーに有効なわけではないし、ユーザーによっては試すべきべきではない対処法もなかにはある。しかし、何ごとも最後の一滴まで搾り取らないと気が済まない人のために、ブラウザの読み込み速度を上げるための技を紹介してみよう。

1.速いブラウザを使う

 すべてのブラウザが平等に作られているわけではない。一部のブラウザは、他のブラウザよりも単純に速い。現在出回っているブラウザの中で、もっとも高速なのは「Google Chrome」だろう。もし普段使っているのが「Internet Explorer」や「Firefox」なら、Google Chromeを使ってみれば、劇的に表示速度が上がるのに気付くはずだ。閲覧速度を上げる方法の中では、この方法がもっとも効果が高い。Google Chromeはアドレスバーに検索語を入力できるという点でもスピードアップに繋がる。この機能があれば、他のツールバーを追加してさらに速度が遅くなることがない。

2.Flashを無効にする

 Flashはあちこちのウェブサイトで使われている。この技術から逃れるのは、ほとんど不可能だと言っていい。問題は、Flashは速度低下に繋がる場合があり、閲覧の速度に直接的に影響するということだ。デフォルトではFlashを無効にしておき、見る必要があるときだけ有効にするというやり方もある。Chromeの場合、「FlashBlock」という拡張機能が必要となる。FlashBlockは、Firefoxにも用意されている。Internet Explorerの場合は、[ツール]→[アドオンの管理]に、この目的で使える組み込みツールがある。[アドオンの管理]ダイアログボックスで、アドオン一覧から「Shockwave Flash Object」を選択し、[無効にする]ボタンをクリックすればいい。これですべてのサイトのFlashが無効になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]