アーキテクチャで理解するSaaS型セキュリティの長所 - (page 2)

梅田正隆 2011年04月20日 17時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 トレンドマイクロのようなITセキュリティベンダーの多くは、アプリケーションソフトウェアのビジネスというよりもサービス提供型のビジネスだといえる。ITセキュリティベンダーは、自社のセキュリティ情報のデータベースを最新の状態にし、その情報をエンドユーザーに配信する仕組みを提供し、顧客企業にデータを提供することで収益を上げている。データ提供サービスのビジネスであればクラウド向きというわけだ。

 ただ、「従来の仕組みでは、現在企業が直面する脅威に十分対応できなくなってきた」と同氏は話す。例えばエンドポイントのウイルス対策の場合、基本的に1日1回、パターンファイルの差分を送信する。いまだ「バッチ処理のシステム」なのだ。パターンファイルの更新に24時間のタイムラグが生じてしまうため、最新の脅威への対策としては不十分だった。

クラウドのデータベースをリアルタイムに参照する

 そこで生みだされたのが、最新の技術を使ったクラウド型セキュリティサービス。クラウド上のリアルタイムに更新されたデータをネットワーク経由で利用する、あるいはクラウド上で対策を済ませてしまうという仕組みだ。もう少し説明すると、同社の製品の場合は、クライアント側のパターンファイルのデータベースのみに頼るのではなく、クライアント側に「センサー」のような小さなプログラムを持たせ、そのセンサーでネットワークのI/O発生をとらえ、そこに脅威が含まれていないかどうか、必要に応じてクラウド側のデータベースを参照するといったイメージとなる。

 「当社のセキュリティ技術基盤であるTrend Micro Smart Protection Networkは、まさにデータベースの塊です。クラウド側にはURLやメールアドレス、ファイルに関する最新のデータベースがあり、クライアント側から必要に応じて参照する仕組みになっています」と坂本氏。まさに、同社のセキュリティSaaSは、データのハンドリングが生命線だ。最新の脅威など必要に応じてクラウドのデータベースを活用し、とにかくクライアントに危険なものを取りこまないこと。それが技術、製品の開発思想だ。

従来型セキュリティとSaaS型との違い※クリックで拡大画像を表示 従来型セキュリティとSaaS型との違い※クリックで拡大画像を表示

 最新の脅威への対策として考え出されたセキュリティSaaSの「副次的な効果」もある。従来のようにパターンファイルの更新がかかるとクライアントの動作が遅くなったり、パターンファイルのデータ量の増加につれて、メインメモリあるいは仮想メモリの使用量が増えてしまい、結果的にクライアントの動作が重くなったりすることがあったが、セキュリティSaaSではそれが解消され、クライアントの動作がより軽快になることが確認されているという。

SaaS型セキュリティの副次的効果も報告されている※クリックで拡大画像を表示 SaaS型セキュリティの副次的効果も報告されている※クリックで拡大画像を表示

 同氏は、トレンドマイクロが名古屋、大阪、東京で開催するセミナー「セキュリティをSaaSで利用する価値とは~『リスク』『運用』『コスト』の今を比較~」で、同社のSaaS型セキュリティのテクノロジーや、セキュリティSaaSによるコスト効果などについて詳しく解説する予定だ。第三者機関によるマルウェア対策比較テストの結果から分かる、製品のアーキテクチャの違いも興味深い。SaaS型セキュリティの最新情報を得られるだろう。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。また、現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]