編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、5月の月例パッチを事前通知--セキュリティ情報は2件

Erica Ogg (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2011-05-06 13:15

 Microsoftは米国時間5月5日、5月の月例パッチで2件のセキュリティ情報を公開すると発表した。Windowsに影響する深刻度「緊急」のものが1件、Officeに影響する深刻度「重要」のものが1件だ。

 今回のセキュリティ情報の事前通知によると、影響を受けるソフトウェアは、「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「Microsoft Office XP」「Microsoft Office 2003」「Microsoft Office 2007」「Office 2004 for Mac」「Microsoft Office 2008 for Mac」などとなっている。

 4月のセキュリティ情報は17件だったことからすると、5月の月例パッチは比較的穏やかだ。

 Microsoftはまた、個々の脆弱性に悪用されるおそれがどの程度あるかという情報を提供するために同社が使っている悪用可能性指標に変更を加えるとも述べている。

 Microsoftは公式ブログの記事で、「具体的には、最新のプラットフォーム向けの指標を1つ、それ以前の古いバージョン向けにまとめて評価する指標を1つと、1件の脆弱性について2つの悪用可能性指標を発表することになる」と説明している。「この変更により、最近のプラットフォームを利用している顧客は、Microsoftの最新の製品にセキュリティ上の懸念を軽減する技術と機能が追加的に組み込まれていることを考慮してリスクの程度を判断することが容易になる。以前の方式では、製品のすべてのバージョンについてまとめて評価する指標になっていた」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]