「Office 365」を配備する前に知っておくべき10のこと - (page 2)

Brien Posey (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-05-13 08:00

4:ネットワークによっては、UPNサフィックスを付加する必要がある

 Office 365はユーザーの認識にユーザープリンシパル名(UPN)を用いるようになっている。このため、外部ドメイン名が内部ドメイン名と異なっている場合、ユーザーアカウントにUPNサフィックスを付加する必要がある。UPNサフィックスは、外部ドメイン名の名称部分と一致していなければならない。このようにしておくことで、Office 365はローカルユーザーアカウントと外部ドメイン名を結び付けられるようになるわけだ。

5:証明書の設定が一筋縄でいかない場合もある

 Microsoftの人間から最近聞いた話であるが、ユーザーからの技術サポート要求で最も多いのは、Active DirectoryフェデレーションとOffice 365を連携させるために必要となる証明書に関することだという。証明書が正しく設定されていない場合、思うような連携ができなくなる。Office 365はSSLによる暗号化や、トークンの署名、クライアントの認証に証明書を使用するようになっているのである。

 証明書を発行する認証局は、関係するすべての機関や企業から信頼されている必要があるため、証明書は知名度の高い商用認証局から入手することがMicrosoftによって推奨されている。なお、証明書を申請する際には、サブジェクト名と外部ドメイン名が一致している必要がある。

6:適切なバージョンのActive Directoryフェデレーションサービスが必要となる

 Active DirectoryフェデレーションサービスとOffice 365を連携させるには、Active Directoryフェデレーションサービスのバージョン2.0を使用する必要がある。これは、Windows Server 2008やWindows Server 2008 R2に同梱されているActive Directoryフェデレーションサービスとはバージョンが異なっている。適切なバージョンのActive Directoryフェデレーションサービスはこのページからダウンロードすることができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]