編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

週1200万ユーロのライセンス売上--サイベース、SAPとの統合効果を強調

末岡洋子

2011-06-24 12:38

 独SAPは2010年5月、モバイルの強化を目的に米Sybaseの買収を発表した。2010年8月に買収を完了後、Sybaseは独立したSAPカンパニーとして製品開発を進めている。同時にSAPは営業部隊を組み、まずはSAPユーザーのモバイル化のニーズに応えている。

 5月、米オーランドで開催された「[SAPPHIRE Now 2011]」で、2011年1月よりSAP顧客向けにSybase製品のセールスを率いるグローバルモビリティ&Sybaseソリューション担当シニアバイスプレジデントのChris McClain氏に話を聞いた。

ライセンス売上は週1200万ユーロ(約14億円)

Chris McClain氏 Chris McClain氏

 McClain氏によると、Sybase製品のセールスは「2四半期で81社を獲得した」状況。全てSAPの既存顧客だが、Sybaseにとっては新規顧客となる。これら81社は、地理的にも規模からみてもさまざまで、小売、公益、石油ガス、ハイテク、自動車などフィールドサービスが重要な企業が多いという。

 「2011年のセールスパイプラインは7~8倍に拡大している。ライセンス売上げは週1200万ユーロ」とMcClain氏。モバイルはあらゆる顧客企業から注目されており、この数字はさらに増えると見込んでいる。

 今年のSAPPIRE Nowでは、約20種のモバイルアプリケーションを発表した。Sybaseのモバイルプラットフォーム「Sybase Unwired Platform」(SUP)をベースとしたもので、小売、食品・消費財向けが中心だが、エンタープライズ資産管理、人事、調達などのアプリケーションもある。

 SAPのアプリケーションに加え、Accenture、IBM、CapGeminiなどのパートナーもアプリケーションを開発している。なかでもAccentureとは、SUPとAccentureのモビリティサービスを組み合わせたモバイルソリューションの開発と実装で提携を発表している。当初は石油ガス、食品・消費財などに業種を絞って提供するが、進展を見て業種を拡大する計画だ。

 モバイル分野のセキュリティやデバイス管理機能を提供する「Afaria」とSDKの組み合わせにより、一度開発するとさまざまなモバイル端末に実装できるエンタープライズモバイルアプリケーションを構築できる、とMcClain氏はメリットを強調した。

サイベースのアプリケーションストア開設構想

 SAPは現在、SAPとパートナーのサービスを集めた「Eco Hub」を持つ。220万人がアクセスするサービスだが、今後これをアプリストアに発展させたい考えだ。

 この新アプリストアは、社内で「優先度高」として専門チームが開発にあたっており、第2四半期から第3四半期に登場する予定。「(Appleの)App Storeのように、容易にアプリケーションを探して購入できるエクスペリエンスを提供する」とMcClain氏は述べる。

 これだけでなく、顧客企業がアプリストアを展開できるようホワイトレーベルのストアとしても提供する計画だという。

 「人事、財務、サプライチェーンなど、プリパッケージアプリはわれわれが得意とする分野だが、顧客は拡張やカスタマイズを施して生産性アプリ、フィールドサービスなどを構築している。ホワイトレーベルストアを利用して、これらのサービスを提供できる」(McClain氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]