編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

週1200万ユーロのライセンス売上--サイベース、SAPとの統合効果を強調

末岡洋子

2011-06-24 12:38

 独SAPは2010年5月、モバイルの強化を目的に米Sybaseの買収を発表した。2010年8月に買収を完了後、Sybaseは独立したSAPカンパニーとして製品開発を進めている。同時にSAPは営業部隊を組み、まずはSAPユーザーのモバイル化のニーズに応えている。

 5月、米オーランドで開催された「[SAPPHIRE Now 2011]」で、2011年1月よりSAP顧客向けにSybase製品のセールスを率いるグローバルモビリティ&Sybaseソリューション担当シニアバイスプレジデントのChris McClain氏に話を聞いた。

ライセンス売上は週1200万ユーロ(約14億円)

Chris McClain氏 Chris McClain氏

 McClain氏によると、Sybase製品のセールスは「2四半期で81社を獲得した」状況。全てSAPの既存顧客だが、Sybaseにとっては新規顧客となる。これら81社は、地理的にも規模からみてもさまざまで、小売、公益、石油ガス、ハイテク、自動車などフィールドサービスが重要な企業が多いという。

 「2011年のセールスパイプラインは7~8倍に拡大している。ライセンス売上げは週1200万ユーロ」とMcClain氏。モバイルはあらゆる顧客企業から注目されており、この数字はさらに増えると見込んでいる。

 今年のSAPPIRE Nowでは、約20種のモバイルアプリケーションを発表した。Sybaseのモバイルプラットフォーム「Sybase Unwired Platform」(SUP)をベースとしたもので、小売、食品・消費財向けが中心だが、エンタープライズ資産管理、人事、調達などのアプリケーションもある。

 SAPのアプリケーションに加え、Accenture、IBM、CapGeminiなどのパートナーもアプリケーションを開発している。なかでもAccentureとは、SUPとAccentureのモビリティサービスを組み合わせたモバイルソリューションの開発と実装で提携を発表している。当初は石油ガス、食品・消費財などに業種を絞って提供するが、進展を見て業種を拡大する計画だ。

 モバイル分野のセキュリティやデバイス管理機能を提供する「Afaria」とSDKの組み合わせにより、一度開発するとさまざまなモバイル端末に実装できるエンタープライズモバイルアプリケーションを構築できる、とMcClain氏はメリットを強調した。

サイベースのアプリケーションストア開設構想

 SAPは現在、SAPとパートナーのサービスを集めた「Eco Hub」を持つ。220万人がアクセスするサービスだが、今後これをアプリストアに発展させたい考えだ。

 この新アプリストアは、社内で「優先度高」として専門チームが開発にあたっており、第2四半期から第3四半期に登場する予定。「(Appleの)App Storeのように、容易にアプリケーションを探して購入できるエクスペリエンスを提供する」とMcClain氏は述べる。

 これだけでなく、顧客企業がアプリストアを展開できるようホワイトレーベルのストアとしても提供する計画だという。

 「人事、財務、サプライチェーンなど、プリパッケージアプリはわれわれが得意とする分野だが、顧客は拡張やカスタマイズを施して生産性アプリ、フィールドサービスなどを構築している。ホワイトレーベルストアを利用して、これらのサービスを提供できる」(McClain氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]