編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

PASMOと連携する新ポイントサービス「ToKoPo」、システム基盤にクラウド採用

田中好伸 (編集部)

2011-06-28 10:22

 都営交通を運営する東京都交通局は、8月から提供するポイントサービス「ToKoPo」(ウェブサイトは7月1日から公開予定)のシステム基盤にクラウド型ポイントサービスを利用する。富士通と富士通FIPが6月27日に発表した。

 ToKoPoは、都営交通の利用実績に応じてポイントを付けて、1ポイントを1円として10ポイント単位で「PASMO」にチャージできるサービス。都営地下鉄や日暮里・舎人ライナー、都電荒川線、都営バスで利用できる。会員登録希望者はネットか郵送で申請し、登録が完了すると会員証が郵送されてくる。会員はポイントチャージ機であらかじめ登録したPASMOを使い、都営交通を利用すると自動的に実績がカウントされ、ポイントが付与される。

 東京都交通局は、ポイントサービスを開始するにあたり、職員にシステムの運用と管理の負荷をかけずに、低コストで運用するために、ポイントシステムと会員サポートセンターが一体となったサービスを活用することを方針としていた。そこで富士通のクラウド型ポイントサービスと同社のBPOサービスの採用を決めている。

図 ToKoPoのシステム概要
※クリックで拡大画像を表示

 クラウド型ポイントサービスは、サーバやミドルウェアなどのインフラ、ポイント計算や会員情報管理を行うアプリケーションをクラウドで提供する。今回のサービスは、乗車実績データから会員のみのデータを抽出してシステムに取り込み、ポイントを計算、会員ごとにポイントを付与する。

 富士通のCSV/XMLデータ加工ツール「Interstage Data Effector」で会員データ抽出とポイント計算を高速で処理できるといい、複雑なポイント計算の変更に対しても、柔軟かつ迅速に対応できるとしている。SaaSの「ValueFrontポイントサービス」は会員管理やポイント付与、PASMOチャージによるポイント払い出しなどの機能を担う。

 会員サポートセンターは、会員からの問い合わせ対応や申し込みに応じた会員証の作成、郵送などのサービスを提供する。これらの業務に富士通が提供するBPOサービスを採用することで、東京都交通局は、コールセンター設備や専任オペレーターを用意する必要がない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]