編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

大和ネクスト銀、勘定系システムをLinuxで構築--Linuxベースの勘定系は国内初

富永恭子 (ロビンソン)

2011-07-07 08:00

 大和証券グループ本社の100%出資会社で5月13日からサービスを提供している大和ネクスト銀行は、勘定系システムをLinuxで構築した。同システムを構築した富士通が7月6日に発表した。Linuxをベースとした勘定系システムは国内初という。

 大和証券グループ本社は、入出金の利便性を向上させ、預金を含めた資産形成で金融商品をワンストップで提供するため、大和ネクスト銀行を設立。銀行と証券をシームレスにつなぐシステムをオープンソースソフトウェア(OSS)のLinuxで構築することを方針として決定したという。大和ネクスト銀行は大和証券を代理店とすることで、全国にリアルチャネルを持つ新しいタイプのネット銀行として、円普通預金や円定期預金、振込、振替、同行の預金口座と大和証券の証券口座間を自動で振り替えるスウィープサービスなどを提供している。

 大和ネクスト銀行の勘定系システムは、富士通の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」を採用。金融機関向け勘定系オープンソリューション「W-BANK」を活用することで、システム構築の効率化を図ったという。

 W-BANKは、日本に拠点を持つ外国銀行も含め、多くの導入実績と多通貨会計への対応が可能など、幅広い業務に適用できるという。預金などを含む基本機能部品群やポータル製品群などの部品を活用したことで、13カ月という短期間で高信頼のシステムを構築できたとしている。

 大和証券のシステムとシームレスに連携させることで、預金口座と証券口座を自動で振り替えるスウィープサービスが可能となり、顧客に預金を含めた資産形成のための金融商品をワンストップで提供できるという。両システムをシームレスに連携しながらも、独立性を保ちながら運用させることで、どちらかのシステムに障害が発生しても、影響が局所にとどまるように配慮したとしている。

 セキュリティには、富士通九州システムズの「WAF(Web Application Firewall)監視サービス」を適用。WAF監視サービスは、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した不正アクセスを監視し、リアルタイムに検知し、迅速、確実に対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]