ビッグデータ座談会 前編--ビッグデータは新しい付加価値を生み出す - (page 3)

杉山貴章(オングス) 2011年07月08日 17時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口:それとはまったく逆に、「Hadoopを使って何かしたい」という要望も多いのです。課題が先にあるのではなくて、Hadoopが前提にあって、これで新しいことをやりたい、と。IT企業では新しいシステムをどんどん提案していく必要があるので、そういった背景も導入を後押ししているのかもしれませんね。

冨田:Hadoopの利用を前提にするケースは面白いですね。つまり、“Hadoopの利用”をスタートに設定してしまえば、そのシステムにビッグデータがあるのかどうかが不問に付されてしまうのですから。いや、ビッグデータは確かにあるというなら、そこにはどんなデータがあるんでしょうか。

濱野:現時点で、という話であれば、議論は難しいと思います。すでにデータを持っているという認識では、やはりウェブ系やエンタープライズ系の企業が中心になってきます。これは今あるデータを活用したいというニーズですね。

 その一方で、ITの活用ということを考えた場合、技術者としてはITシステムの新しい価値を見出していく必要があるわけです。どうやってデータを集めて、どういう形で活用していくかを考えることによって、新しいビジネスにつながるかもしれないわけですから。その要素のひとつとして、大量データ処理が可能か否かという話になるのではないでしょうか。

日立製作所の山口俊朗氏 日立製作所の山口俊朗氏

山口:現状では、どの企業もコスト削減という点だけでは限界にきているので、売上アップのためには新しい価値を付け加えていく必要が出てきています。それがHadoopに対する期待につながる部分もありますね。

石川:リクルートの場合、検証を始めた最初のきっかけは、バッチ処理が遅くてニーズに追いつかないということでした。既存のリレーショナルデータベース(RDB)のしくみでは近いうちに限界がくるので、もっと安くて簡単に大量データ処理をできる手段はないかということで、Hadoopに目をつけたんです。

 ただ、実際に検証してみた結果、単にバッチ処理の代替にできるというだけではなくて、別の価値を見出すことができました。たとえばマイニングを行ったりとか、統計を取ったり、いろんな処理をするのに適しているということが分かったんです。

冨田:なるほど。“Hadoopの利用”からスタートしても、技術のための技術で終わらず、新しい付加価値の創出につなげられるのですね。

笑いを交えつつ、座談会は中編に続く 笑いを交えつつ、座談会は中編に続く

(中編につづく)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算