フォトレポート:ナチスのEnigma暗号を破れ--英国ブレッチリーパーク博物館(前編) - 12/14

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2011-07-13 08:00

 これは、Colossusの後継マシンの1つであるHeath Robinsonの一部だ。このマシンは、読み込まれた穿孔テープがシステムを通り抜けうるちに破れてしまうことが多く、あまりうまくいかなかった。このマシンがHeath Robinsonと呼ばれたのは、これが常軌を逸した発明だと考えられていたためだ。W. Health Robinson氏は1940年代のマンガ家で、同氏の作品には複雑すぎる機械がよく登場していた。

 これは、Colossusの後継マシンの1つであるHeath Robinsonの一部だ。このマシンは、読み込まれた穿孔テープがシステムを通り抜けうるちに破れてしまうことが多く、あまりうまくいかなかった。このマシンがHeath Robinsonと呼ばれたのは、これが常軌を逸した発明だと考えられていたためだ。W. Health Robinson氏は1940年代のマンガ家で、同氏の作品には複雑すぎる機械がよく登場していた。

提供:Daniel Terdiman/CNET

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]