編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

停電対策をセルフチェック--影響分析シートや簡易診断が公開

田中好伸 (編集部)

2011-07-14 19:14

 NECネクサソリューションズは7月14日、中堅中小企業向けに事業継続対策のウェブサイトを公開したことを発表した。セルフチェックすることで、誰でも簡単に実際の対策を講じることができるという。

 同サイトでは(1)簡易事業影響度分析(BIA)シート(2)要員コンタクトリスト(3)初期損害評価シート(4)計画停電セルフチェックシート――という4つのツールが公開されている。

 (1)簡易BIAシートは、災害によってシステムが停止した時に、復旧にかかる時間を算出するためのもの。事業継続計画(BCP)策定でのBIAを簡易的に展開できるという。(2)要員コンタクトリストは、従業員の安否を確認するためのサンプルリスト。NECネクサの情報システム部門が東日本大震災で実際に使用したものという。企業の状況にあわせてカスタマイズして利用でき、従業員の所在や状況、出社可否などの情報が分かるとしている。

 (3)初期損害評価シートは、情報機器リソースの状況を把握するためのもの。NECネクサが使用したものをサンプルとして提供。カスタマイズして利用することで、データセンターや事業所での電源や照明、サーバなどの被災状況が分かるという。(4)計画停電セルフチェックシートは、計画停電で想定されるITへの影響を具体的に把握するためのツール。必要な対策のリスト化と、今後の課題を整理できるとしている。

 同サイトでは、直近の課題である電力不足対策としての電力可視化ソリューション、データセンターでサーバを預かるアウトソーシングサービス、BCPを見直すユーザー企業にITの視点でBCPを立案する「IT-BCP策定支援サービス」などの情報を提供していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]