編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ビッグデータ座談会 中編--“すべて”のデータが分析の対象になる - (page 3)

杉山貴章(オングス)

2011-07-15 11:00

濱野:分析を行うためには、ツールを使うというセンス以外に、仮説を立てると言うセンスも必要になってきます。そういう部分への注目が高まってくるでしょうね。

石川:Hadoopを使う場合、MapReduceのロジックは自分で書かなければいけないわけですけど、そのためには統計やマイニングの知識が不可欠です。そういうノウハウは開発の現場の人は持っていないので、リクルートの場合は分析専門のチームに参加してもらうことで補っています。

山口:日立でも分析や統計を積極的に進めてきたチームがあるので、そういったこれまでのノウハウを整理して、ビジネスに結びつけて展開していこうという意識はあります。単に速いというだけでは、あまり意味がないですから。

冨田:IT部門に「分析」という機能をうまく取り入れていかなければならないんですね……なかなか難しそう(笑)

リクルートの石川信行氏 リクルートの石川信行氏

石川:我々の場合は、まったく新しい機能を作るのではなくて、まずは既存のマイニングツールの機能をHadoopのロジックで組んでみることから始めています。そうやって分析に関する既存のノウハウを蓄積することで、ポイントを掴みながら、徐々に新しいものを取り入れていくという感じです。あとは、Hadoopを使ってどんどん実戦経験を積んでいくというパターンですね。

濱野:分析処理を行う場合、Hadoop上のアプリケーションっていうのは、最初に設計からガッチリ作って動かすという性質のものではないですね。トライアンドエラーで、とにかく実戦でノウハウを試していけるという点は魅力的だと思います。

ビッグデータの需要が大きい分野は?

冨田:ネット企業のようなIT系以外で、ビッグデータの活用がうまくマッチする分野はありますか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]