国防総省が初のサイバー空間戦略

ZDNet Japan Staff 2011年07月15日 20時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国防総省は14日、サイバー空間の防衛に関する戦略を初めて発表した。サイバー空間を陸海空に並ぶ作戦領域と位置づけている。

 国防大学で講演した国防総省のリン副長官は、重要なネットワークを攻撃するツールが存在することや攻撃により物理的損害が生じうること、主要システムのパフォーマンスに影響が及びうることなどに鑑み、サイバー攻撃への取り組みの戦略的転換を進めると説明した。

 新たな戦略の中核は、攻撃を阻止あるいは最小化することにある。具体的項目としては、(1)サイバー空間を陸海空同様の作戦領域と位置づける、(2)センサーシステムやウイルスなどの悪意あるコードの伝播や活動を阻止するシグネチャ技術、ソフトウェアなどの活用により、アクティブサイバー防衛などの新たな作戦概念を導入する、(3)国土安全保障省や民間事業者などと連携を進める、(4)同盟諸国などとの連携により情報収集を進める、(5)ネットワークセキュリティを強化し、技術的前提を変える の5項目とが戦略の柱として示された。

 オバマ政権は5月に包括的サイバーセキュリティ・イニシアティブを発表している。5月と今回のの発表内容や既存の協力関係に基づき、今後数カ月をめどにオーストラリアやカナダ、英国、NATO(北大西洋条約機構)との連携を強化するという。

 リン副長官は講演のなかで、過去に発生した攻撃の例として、3月に防衛関連企業が米国外から攻撃を受け、2万4000件のファイルを盗まれた事例を紹介した。盗まれたファイルは装備品の仕様からネットワークセキュリティプロトコルに関するものまでさまざまだったという。

 こうした教訓を基に、国防総省と国土安全保障省は、数社の防衛関連企業とともにネットワーク防護策の強化を目指すパイロットプログラムを始動させている。効果についてリン副長官は「パイロットプログラムの有効性評価を開始した段階だが、プログラムに参加している複数の企業で侵入を阻止している」と語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算