編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ソフトバンク通信3社、Google Appsを全社導入--2万6000人が利用開始

冨田秀継 (編集部)

2011-07-20 13:34

 ソフトバンクグループで通信事業を手がける3社が、Google Apps for Businessを全社導入した。全社員2万6000人(ID)が利用する。

 導入したのは、通信グループを形成するソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBBの3社。従来はそれぞれの経営母体が異なっていたため、情報システム部門やシステム基盤は各々の会社が管理していたが、旧ボーダフォンがグループに参加した2008年頃から効率化を進めてきた。現在は通信3社で共通の情報システム部門を保有し、同じ情報系システムを利用している。

 「従来は情報システムの“お守り”が必要だったが、Google Apps for Businessというクラウド環境に移行することで情報システム部門の負担を削減できる。自社運用からクラウドに切り替えることでの効果は大きいと考えている」(ソフトバンクテレコム 広報部)

 また、通信3社は全社員にスマートフォンとタブレットを配布しているが、Google Appsを導入することで、いつでもどこでも仕事ができる環境を整備したい考えもあるという。

 ソフトバンクテレコムは2010年12月にGoogleと提携、2月からGoogle Apps for Businessを販売している。今回の導入にあたっては、同社のクラウドサービスブランド「ホワイトクラウド」で提供している「SoftBank with Google Apps」を採用した。

 「ソフトバンクテレコムでは、お客様に販売するサービスは自社で使ってからという販売ポリシーがある。ユーザー目線でお客様に提案できるように(自社でも)導入した」(同)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]