編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ソフトバンクモバイル、接続情報基盤にCoherence採用--通信量増加に対応

田中好伸 (編集部)

2011-07-25 13:46

 ソフトバンクモバイルはインターネットとメールの接続情報用システムにインメモリデータグリッドソフトウェア「Oracle Coherence」の採用を決定した。2012年中の稼働開始を目指す。日本オラクルが7月25日に発表した。

 ソフトバンクモバイルの契約者数は6月末時点で2600万以上。契約者数の伸長、スマートフォンに代表される通信量の増加に対応するため、既存システムと連携しつつ、耐障害性と拡張性を実現できるとしてCoherenceの採用を決定している。

 Coherenceは、複数のハードウェアで構成されるサーバ群で仮想的に共有メモリ領域を確保して、大量のデータを高速処理できるというもの。頻繁に使用されるデータに対して、可用性と耐障害性を備え、高速かつ信頼性の高いアクセスが可能になるという。

 全日本空輸(ANA)の予約サイトNTTぷららの「ひかりTV」、日本生協連のECサイト、楽天証券の市場情報配信システムなどで活用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]