編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Android端末は意外に安全?--ハード作りこみでマルウェアが同様に稼働せず

田中好伸 (編集部)

2011-08-05 16:02

 iPhoneとAndroid端末はさまざまな視点で比較されるが、セキュリティの面から見るとiPhoneの方が安全ではないかと言われる。というのも、iPhoneはAppleの完全な統治のもと、App Storeを通じて提供されるアプリもすべてAppleに審査されるからだ。だが、Symantecの分析によると、Android端末はさまざまなメーカーが開発していることで、意外に安全なのかもしれないという。

 Symantecは、「Android.Nickispy」と呼ばれるマルウェアを分析している。Android.Nickispyは、大切な人の通話や居場所を追跡できるマルウェアだ。たとえば、夫が妻に対して「浮気しているのでは」という疑念から、妻が所有するスマートフォンにAndroid.Nickispyをインストールして、会話を録音してリモートサーバにアップロードすることで、浮気の証拠を入手するというのである。

 このAndroid.Nickispyは、開発者がその目的を明確に示していて、端末にインストールされると「Speech Recorder」というアイコンで表示されることから、ユーザーにもそのソフトがどんな機能を持っているのかがはっきりと見える(一般的なマルウェアはマルウェアと分からないように悪事を働くのだが、Android.Nickispyの場合、目的もその機能もはっきりと見えることから、完全なマルウェアと言いづらいところがある)。

 SymantecがAndroid.Nickispyを分析してみると、確かに通話を録音することはできる。だが、録音データを受け取るには、端末への物理的なアクセスが必要になり、リモートサーバにアップロードするというところまでは検証できなかったという。エミュレータでは一連の機能を検証できたが、複数のAndroid端末の実機でテストしたところ、テスト端末の大部分でAndroid.Nickispyがクラッシュして、突然通話が途切れたという。正常に機能した端末は1つだけだったそうだ。

 Symantecは、この現象について、「Android端末のハードウェアの細分化」があるためではないかと推測している。つまりAndroid端末はさまざまなメーカーが作り込むことで、ハードウェアが同じように動作するわけではないからだ。

 ちなみに、録音された通話の内容がアップロードされることまでは検証できなかったものの、GPSによる位置情報や通話記録、SMSのログなどのデータは、Android.Nickispyの作成者によってホストされたリモートサーバに送信できることが確認されている。疑い深い夫(その反対も)が、これらの追跡データを得るには、Android.Nickispyの作成者に報酬を支払う必要があるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]