編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

UBIC第1四半期、国際訴訟支援など好調で売上高7.9倍に

ZDNet Japan Staff

2011-08-09 19:21

 証拠保全サービスなどを手がけるUBICは8月9日、2012年3月期第1四半期(4~6月期)の決算を発表した。

 日本企業が製品安全や価格カルテルなどで日本国外を係争地とする訴訟が増加する傾向にあるなか、同社は証拠保全と開示を支援するサービスを展開している。第1四半期の売上高は11億1700万円(前年同期比約7.9倍)、営業利益は5億9900万円(前年第1四半期は1億1222万円の損失)、経常利益は5億8700万円(同1億2819万円の損失)、純利益は3億3500万円(同1億3006万円の損失)となった。

 事業別に見ると、証拠開示支援サービスや関連製品、サービスなどのeディスカバリ事業の売上高は10億8489万円(前年同期比約10倍)、コンプライアンス支援やコンピュータフォレンジック調査サービスなどリーガル/コンプライアンスプロフェッショナルサービス事業の売上高が3243万円(前年同期比15.1%増)となった。

 なお、同社は9日付けで事業分野の名称を変更している。コンピュータフォレンジック関連事業をリーガルテクノロジー関連事業に、コンピュータフォレンジックサービス事業をeディスカバリ事業に変更したほか、リーガル/コンプライアンスプロフェッショナルサービス事業にコンピュータフォレンジックサービスやトレーニング、ツールの販売と保守などの事業を統合した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]