編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

iPadでWinやMacを遠隔操作する「TeamViewer」新版--ファイル転送機能を搭載

田中好伸 (編集部)

2011-08-16 18:50

 ドイツに本社があるTeamViewerは8月16日、iPhoneやiPad向けリモートコントロールソフト「TeamViewer」の新版の提供を開始した。非商用利用は無償だが、商用利用ではiPhone向けの「TeamViewer Pro」が8500円、iPad向けの「TeamViewer Pro HD」が1万2500円となっている。

 新版では、ファイル転送機能が搭載されており、iPhoneやiPadとPCの間でファイル転送できる。移動の途中で重要なドキュメントやプレゼンテーションデータなどにアクセスが必要な時は、TeamViewerでPCのデスクトップからモバイル端末にファイルを転送し、保存、処理できる。サポートしているOSはWindows、Mac、Linux。

 たとえばアップデートファイルやパッチ、アップグレードを簡単にiPhoneからPCに転送し、直接インストールできるようになっており、この新機能でITサポートや管理がより簡単になるとしている。ファイル転送は個人的な利用にも有用と謳っており、自宅PCに保存されている写真や動画にアクセスして、iPhoneやiPadに転送できる。逆もまた同様に、iPhoneやiPadからPCにファイルを転送できる。

 TeamViewerのファイル転送機能について「プロフェッショナルとプライベート、どちらのユーザーからもニーズが高かったもの」であり、「会議にとても重要なプレゼンテーションデータが会社のPCに保存されていない時、自宅PCに保存されているファイルが必要な時など、ファイル転送機能は多くのプロセスを簡易化できる」とそのメリットを強調している。さらに「ファイルがいつでも入手できるようになったことで、ファイルを特定のオンラインフォルダにアップグレードさせる必要がなくなる」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]