デル、クラウド事業者向けサーバの新製品を発売−OpenStackソリューションも拡充 - (page 2)

柴田克己

2011-08-24 18:09

サポートサービスも拡充

 サーバ新製品と合わせて、大規模クラウドを構築する企業をサポートするためのデルの取り組みについても説明された。

 そのひとつが「Dell OpenStackソリューション」だ。「OpenStack」とは、米RackSpaceとNASAによって設立された、IaaSを構築するための環境をオープンソースで整備しようというプロジェクトである。

デル、コンピューティング&ネットワーキング統括本部SE部部長の馬場健太郎氏 デル、コンピューティング&ネットワーキング統括本部SE部部長の馬場健太郎氏

 デル、コンピューティング&ネットワーキング統括本部SE部部長の馬場健太郎氏は、大規模クラウドの実装におけるポイントとして「最も大きな問題は、運用管理のためのコスト。これを解決するために運用の自動化が必要となる。また、高額になるライセンス料を削減するためには、オープンソースソフトウェアの活用が必須となるほか、ハードウェア面でのシンプルな構成、変更への柔軟な対応、大規模環境への拡張性の確保といったことが求められる」とした。

 各ポイントへのデルの取り組みとして、ソフトウェアとしてのOpenStackのサポートに加え、馬場氏は新たにクラウド導入のためのソフトウェア“Crowbar”の提供を行うことを明らかにした。Crowbarは、デルの開発によるオープンソースのインストーラとなっており、これを利用することで「環境の検出」「リソース確認」「BIOSやネットワークの構成」「OS、ツール、アプリケーションの展開」といった各プロセスを自動化できるという。いわゆる「イメージ展開」ではなく、スクリプトによる展開の自動化を行うため、OS、ツール、アプリケーションの組み合わせの変更や、ソフトウェアのアップグレードにも柔軟に対応できるとしている。

 これに加えて、デルではクラウド構築向けのハードウェア、ソフトウェア構成を「リファレンスアーキテクチャ」として提供することで、展開を容易にできるよう、事業者をサポートしていくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]