編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アサヒグループ、中国の営業情報をクラウドで可視化--運用コストも75%削減

田中好伸 (編集部)

2011-08-29 16:46

 アサヒグループホールディングスは上海、深セン、大連の営業3拠点の営業情報可視化システムをクラウドで構築し、9月から本格稼働させる。共同で構築した富士通が8月29日に発表した。

 アサヒグループは1994年に中国市場に参入して以来、順次ビール事業の業容を拡大させてきた。中国の拠点間の顧客情報の共有、売上情報の管理などが共通化できていないと課題を認識、それらを取りまとめる業務負荷も高くなっていたという。ビジネス強化のツールとして、クラウドを活用した営業情報可視化システムの構築を検討した。

 セールスフォース・ドットコムのPaaS「Force.com」を活用して、顧客情報に加えて、売り上げなどの数字情報をクラウドで蓄積、共有することで、営業活動の業務効率化、顧客サポートのスピード化を図る。クラウド環境の情報分析ツール「SAP BusinessObjects BI OnDemand」を活用することで、帳票の表現力を向上させたという。

 顧客や注文状況など日々の活動情報の可視化、情報の共有や分析の強化、属人的であった業務の標準化を実現して、より競争力のある頴娃町活動を展開できるとしている。アサヒグループ本社で、地域別や業態別などの現地情報をリアルタイムに参照でき、変化する消費者ニーズに対して、迅速かつシームレスな対応が可能になるという。クラウド基盤を活用することで、運用を含めたコストを75%削減できたと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]