Chatterを核にソーシャル化するセールスフォース新機能群 - (page 2)

別井貴志 (編集部) 2011年09月04日 08時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そして、クラウド型の営業支援・顧客管理CRM「Sales Cloud」にも、2011年10月予定で150以上の新機能が搭載される。TwitterやFacebookなどのソーシャルコンタクトデータを参照できる「Social Contact」、Chatterを活用してチームで販促や顧客管理などができる「Social Sales」、チームで目標管理できる新しいユーザーザーインターフェース「Collaborative Forecasts」などだ。

 また、2010年に買収したビジネスコンタクトデータ(見込み客の電話番号や電子メールアドレスなどの情報)サービス「Jigsaw」のサービスは「data.com」に改名した。Dun & Bradstreetなどデータプロバイダが提供する顧客情報を取り込んで活用できる。

  • Sales Cloudもソーシャル化。

  • Jigsawは「data.com」に。

 さらに、モバイル端末などのハードウェアやソフトウェアが一段と進化していく中で、HTML5についてBenioff氏は「革新的な技術でアプリケーションをネイティブに端末で動かすだけではなく、サービスとして利用できる。AmazonのKindleクラウドリーダーなどはその一例だ」と述べた。HTML5をサポートし、Salesforceのプラットフォームに組み込むことで、より洗練されたネイティブな環境を提供していくかまえだ。そして、それを実現するのが2012年の早期に提供する予定の「touch.salesforce.com」だ。SalesforceのアプリケーションをHTML5を使ってネイティブに端末で動かせるようになるほか、すでに構築しているアプリケーション、カスタムページレイアウトやオブジェクト、タブなどを新しいプラットフォームに載せられるという。

  • 初披露の「touch.salesforce.com」。

  • touch.salesforce.comを使うとすべての端末でアプリケーションが動くようになる。

 もう1つ、クラウド型カスタマー(顧客)サービス支援CRM「Service Cloud」の拡張も説明された。その鍵となるのが「Chatter Service」で、2012の早期に提供が予定されており、その際に価格なども明かされる。Chatter Serviceと併せてService Cloudを使うと、顧客の問題をこれまでの電話や電子メール、ウェブサイトのほか、ソーシャルネットワークを通じてリアルタイムに解決できるようになる。

  • Service Cloudは1万6000以上の企業で利用されている。

  • 「Chatter Service」を使えばソーシャルネットワークを通じて顧客の問題を解決できる。2012年早期の提供予定。

 顧客に問題が起きたり、問い合わせが来たりした際に、その内容を顧客担当者はSalesforceに入力する。すると、システムが自動的に解決例や関連した問題などを提案してくるので、それを参考にすることが可能。そして、解決策はその内容や顧客に合わせて、リアルタイムに対話する形で提示、最終的に解決していくことができるのだ。こうしたやりとりには電話や電子メール、Twitter、Facebook、YouTubeなどが活用できる。ナレッジはどんどんたまっていくので、顧客担当者が技術部や営業担当者など直接の担当者でなくても答えられるケースもあるだろう。

  • 「Social Conversation」タブ。TwitterやFacebook、YouTube、ブログなどで顧客から問い合わせが来るが、それをリスト化している。

  • Caseタブ。問題はCaseとして扱われ、具体的な問い合わせ内容はCase Detailとして下部に表示されている。上部には顧客担当者が入力するフォームがある。

  • 問い合わせをしてきた顧客の情報。解決策はArticleとされる。ここで、返信するか決める。

 最後に、企業のエンタープライズソーシャル化の第三段階は、顧客もしくは製品のソーシャルネットワーク構築だ。ここでは、「ソーシャルマーケティング」という言葉が強調され、まずHerokuが紹介された。Herokuは、2011年1月に買収したスクリプト言語Rubyによるウェブアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」のクラウドプラットフォームだ。買収後もブランドやサービスは継続している。HerokuについてBenioff氏は「Rubyだけではなく、いまではJavaでもHerokuを利用できます。Salesforceのプラットフォーム(全体で)は、伝統的にAPEXを使ってきたが、いまではRubyでもJavaでも使えるようになった」として、観客に拍手を求めた。

 そして、ディズニーのFacebookを例に挙げ、Benioff氏は「ゲームや写真の共有アプリなどがあり、このようにHerokuの上でマーケティングアプリケーションが開発され動いています。こうしたソーシャルマーケティングこそが重要な要素」と述べた、

 さらに、2011年3月に買収したRadian6も紹介された。同社はソーシャルネットワークのやりとりをトラッキングして分析する技術を提供している。Benioff氏は「1日に2億以上のツイートがあり、50億以上のFacebookの投稿があって、顧客がどんなことを言っているのか、会場のみなさんは本当に耳を傾けていますか? HerokuとRadian6という新しい企業を吸収して、我々もマーケットクラウドを構築しようとしている」と意気込んだ。

  • 買収したHerokuがJavaに対応。600万人のJava開発者がこのプラットフォームで作業できるようになった。

  • 買収したRadian6はソーシャルモニタリング。

  • Salesforceの新しいアーキテクチャ。

 こうした顧客とのコミュニケーションに加えて、製品のソーシャルネットワークも加味した取り組みとして、TOYOTA friendが説明された。Benioff氏は「車が友達になるということはアイデアの大きな転換で、トヨタ自動車がソーシャルエンタープライズになるということ」とし、「すべての製品の友達をどうやって作るかということに取り組んでいる」と続け、そのためには、Salesforce自身のビジョンもどんどん変えていくという。

  • TOYOTA friendは顧客と車、販売店、製造者をソーシャルネットワーク化した取り組み。

  • TOYOTA friendのPC画面。車やバッテリー、ガソリンの状況などが表示されている。販売店のChatterも表示されている。

  • iPhoneからWi-Fiで車をロックするなど、操作が可能。

◇Dreamforce 2011
セールスフォースのイベント開催でGoogle会長や原口議員も登場--4万人参加のトリビア
新時代のソーシャルエンタープライズ革命は3ステップ--Dreamforceベニオフ氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]