編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ファイル転送ソフト:SaaS型が引き続き好調--市場全体でも前年比10.7%増

富永恭子 (ロビンソン)

2011-09-07 06:00

 アイ・ティ・アール(ITR)は9月6日、国内ファイル転送ソフトウェア製品市場の市場規模と動向調査の結果を発表した。ファイル転送ソフトウェアは、手軽に大容量かつセキュアな環境でデータを送れるとして、これまでのメール添付や宅配便などの代替手段として、市場は拡大傾向にあるという。

 国内ファイル転送市場の2010年度の出荷金額は58億円で前年比10.7%増と拡大。2011年度も同12.8%増と引き続き伸びると予測している。ベンダーシェアでは、老舗のセゾン情報システムズが約40%の高いシェアを維持した。その後をSaaS型製品を提供するNRIセキュアテクノロジーズが追い、シェアを拡大しつつある。

 提供形態別に見ると、2010年度もパッケージの出荷金額が62.1%となり、依然として過半数を占めている。しかし、SaaS型は前年比19.6%増の好調な成長を示しており、2011年度も同24.5%増とさらに拡大するとみている。

 シニア・アナリストである甲元宏明氏は、「昨今、非定型ファイルを社外企業とセキュアに交換するソリューションを求めるニーズが企業規模や業種を問わず高まっている。この課題に向けて、Managed File Transfer(MFT)と呼ばれる製品やサービスを提供するベンダーが国内でも増えつつあり、今後、企業でのファイル転送ツールは、MFTという形態で進化していくことになるだろう」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]