一緒に汗をかき経営課題に立ち向かうIT企業に--日本マイクロソフト

柴田克己 2011年09月30日 11時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトがエンタープライズIT関連の技術と製品を披露する「The Microsoft Conference 2011」において、2日目となる9月29日に基調講演を行ったのは、同社執行役エンタープライズサービスゼネラルマネージャーの山賀裕二氏だ。

 山賀氏の講演は「企業の経営課題を解決する、ITとサービスの真価」と題され、企業が抱える課題に対し、マイクロソフトとそのパートナーが提供する製品およびソリューションが、どのように対応できるかという視点で進められた。

日本マイクロソフト執行役エンタープライズサービスゼネラルマネージャーの山賀裕二氏
日本マイクロソフト執行役エンタープライズサービスゼネラルマネージャーの山賀裕二氏

 「マイクロソフトは、いわゆるIT企業だが、IT企業が“ITソリューション”と言うと、製品の話になりがちだとよく言われる。ITで経営課題のすべてが解決できるのかと問われれば、私はそうは思わない。しかし、解決の手助けをすることは可能だと思っている。ビジネス課題の解決に、マイクロソフトがどのように役立てるかということをお話したい」(山賀氏)

 山賀氏は、現在の企業経営を取り巻くトレンドとして、「新興国市場の興隆」「グローバリゼーション」そして「コンシューマーへのパワーシフト」などを挙げる。加えて、東日本大震災後の日本企業では、「人材強化」「低コスト短期間での新事業の立ち上げ」「グローバル経営」「収益性向上」「売上、シェアの拡大」「事業継続、危機管理」といった課題が重要性を増しているとする。

 「例えば、売上やシェアの拡大という目標を達成するには、事業自体の立ち上げを迅速かつ低コストに行うことが重要。さらに、収益性を向上させるためには、“ビッグデータ”と呼ばれる、社内外の膨大なデータを分析し、金脈となるトレンドを知る必要もある」(山賀氏)

 これらの課題解決を支援するITソリューションの姿として山賀氏は「ワークスタイルを変革する技術の活用」「クラウド技術の活用」「ビジネスを見える化する技術の活用」「高可用かつ震災に対応できる技術の活用」の4つを挙げ、それぞれに対応したマイクロソフトの製品を披露した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算