編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

マカフィー社長人事:EMC国際セールス担当のブロイド氏が新社長に

田中好伸 (編集部)

2011-09-30 12:42

 マカフィーは9月30日、社長人事を発表した。Jean-Claude Broido氏が10月1日付けで代表取締役社長に就任する。これまで社長を兼務していた加藤孝博氏は代表取締役会長として引き続き在籍する。

 Broido氏はIntelからキャリアを始め、Cadence Design SystemsとDigital Equipment Corporationで営業とマーケティング担当上級管理職を経験。その後Documentumのエグゼクティブバイスプレジデントと欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当ゼネラルマネージャーに就任している。

写真 Jean-Claude Broido氏

 DocumentumがEMCに買収されてからは、EMCのInformation Intelligence Groupのインターナショナルセールス担当シニアバイスプレジデントを務めている。McAfeeには9月に入社した。現在、米McAfeeの共同社長を務めているMichael DeCesare氏もDocumentumに在籍していた。

 McAfeeのグローバルセールス担当エグゼクティブバイスプレジデントのJoe Sexton氏はBroido氏について「30年以上にわたる国際的なマーケティングと営業経験、大手テクノロジ企業での営業組織の構築と育成などで、McAfeeは今後もユーザーやパートナー企業のニーズを満たすことができる」と評価している。「加藤氏の12年以上にわたる指導と献身に感謝するとともに、会長職の継続で引き続き支援を期待している」ともコメントしている。

 現在56歳のBroido氏は「スマートフォンやタブレットなど、個人所有のインターネット接続端末に対する脅威が拡大している中、個人から企業まで保護できる包括的なセキュリティに対するニーズは日々高まっている。日本市場でのマカフィーのビジネスを拡大させていくとともに、パートナー企業との関係をさらに強化して、厚い信頼を得られるベンダーへ成長させていくことを楽しみにしている」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]