編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイボウズと米SYSCOM、クラウド型グループウェアの提供を開始

富永恭子 (ロビンソン)

2011-09-30 18:57

 サイボウズと米国SYSCOM(Syscom)は9月30日、エンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン」をSyscomのデータセンタサービス「clavis」上のクラウドサービス「Cybozu Garoon SaaS on clavis」として10月3日から提供することを発表した。

 サイボウズ ガルーンは、高い拡張性を特徴とした多言語対応のエンタープライズグループウェア。社内の情報共有基盤としてのポータル機能、教育コストをかけずに社内に展開できる直観的なユーザーインターフェイスを備えているほか、日英中の3言語に対応した情報共有プラットフォームとして、クラウド環境や多様なモバイルソリューションにも対応する。新バージョン「ガルーン 3.1」では、拠点ごとのタイムゾーンやカレンダー、稼働日、稼働時間に対応しているという。

 clavisは、米国EQUINIX社のファシリティをベースとしたデータセンター事業。サイボウズ ガルーンは、同事業におけるアプリケーションサービス(SaaS)の主要商品として加わることとなった。米国のデータセンターからサイボウズ ガルーンを提供することで、グローバルにビジネスを展開する日系企業に対して、安定したアクセス条件と一定水準のセキュリティを実現する。

 Cybozu Garoon SaaS on clavisの提供価格は、初期費用が1000ドルから、月額基本使用料は20ドルから、1ユーザーあたりの月額使用料は10ドルとなる。

 今回、サイボウズとSyscomは、Cybozu Garoon SaaS on clavisの提供にあわせ、同サービスの米国内販売パートナーを募集している。販売パートナーは、Syscomによる2次サポートを受けることができる。またSyscomは、clavisのソリューションパートナーも同時に募集中だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]