編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 7のシステム管理者が知っておくべき10のコマンド

Brien Posey (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2011-10-07 07:30

 Windows 7をインストールしているPCに問題が発生した場合、GUI環境ではなくコマンドライン環境を用いて問題を解決する方が適切であることもしばしばある。本記事で紹介している基本的なコマンドを活用すれば、トラブルシューティングをより迅速に行えるようになるはずだ。

 大企業の従業員であれば、PCのトラブルシューティングを行う機会は少なくなってきているが、コンサルタントや中小企業の技術担当者はPCの問題を洗い出したり解決したりするために、いまだに自らきりきり舞いしているはずだ。Windows 7のトラブルシューティングでは、コマンドライン環境を使用せざるを得ない場合もしばしばある。以下は、Windows 7で知っておくべき10個の基本的なコマンドである。

まず始めに・・・

 本記事の目的は、トラブルシューティングに役立つコマンドとして、どのようなものが用意されているのかを知っておいてもらうというものである。このため、各コマンドが提供している数多くのオプションについて、網羅的に解説を行おうとはしていない。こういったコマンドの詳細については、Microsoft TechNetのコマンドラインリファレンスを参照してもらいたい。

#1:システムファイルをチェックする

 悪意のあるソフトウェアのなかには、システムを支配するために、核となるシステムファイルを置き換えようとするものも多くある。「システムファイルチェッカー」を用いることで、Windowsのシステムファイルが整合性を維持しているかどうかを検証できるようになる。なお、システムファイルの欠落や破損が検出された場合、それらは自動的に置き換えられる。システムファイルチェッカーを使用するには、以下のコマンドを実行する。

sfc /scannow

#2:ファイルの署名を確認する

 システムの整合性は、システムファイルのデジタル署名をすべてチェックすることでも確認できる。これには「ファイルの署名の確認」ツールを使用する。このツールはコマンドライン環境から起動するようになっているものの、操作はGUIを通じて行えるようになっている。このツールを実行することで、システムファイルの署名有無が確認できるというわけだ。なお、一般的なシステムファイルにはすべてデジタル署名が施されているものの、一部のハードウェアベンダーが提供しているドライバファイルには署名が施されていない。ファイルの署名を確認するには、以下のコマンドを実行する。

sigverif

#3:インストールされているドライバの情報を取得する

 不適切なデバイスドライバをインストールしてしまうと、さまざまなシステム障害が引き起こされる。このため「driverquery」というツールを用いて、Windows 7システムにインストールされているドライバの情報を確認しておくのがよいだろう。このシンプルなコマンドラインツールを実行するだけで、使用中の各ドライバの情報が取得できるというわけだ。このツールを起動するコマンドは以下の通りである。

driverquery

 さらに詳しい情報を取得したいのであれば、-vオプションを追加すればよい。また、-siオプションを追加すればドライバの署名情報も取得できるようになる。以下はそういった指定を行った場合の例である。

driverquery -v

driverquery -si

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]