編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

パナソニック、法人向けクラウドに本腰--年明けに新サービスリリースへ

ZDNet Japan Staff

2011-10-11 14:40

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは10月11日、法人向けに提供していたクラウドサービスを体系化するとともに、2012年1月からの新サービス提供を発表した。同社クラウドサービス専用のポータルサイトも10月13日に開設する。

 具体的には、法人向けクラウドサービスを大きく「パブリッククラウドサービス」と「プライベートクラウドサービス」に分割。さらにパブリッククラウドサービスをパナソニック製品活用サービス」と「「業務別ネットワークサービス」に二分する。

 パナソニック製品活用サービスでは、「セキュリティ(安心)クラウド」と銘打ち、現在提供中の「みえますねっとPRO」に加え、防犯監視カメラと連携したサービスを提供する予定。「オフィス(快適)クラウド」では、提供中の遠隔会議システムのほか、仮想デスクトップサービスと「どこでもプリンティング」を加える。「フィールドワーク(どこでも)クラウド」では、新たに電子コンテンツ閲覧と保守設備点検という2つのサービスを提供する予定だ。

 業務別ネットワークサービスでは、提供中の「デジタルサイネージクラウド」「エコ見える化クラウド」「災害対策支援クラウド」に加え、「ペーパレス会議サービス」「教育教材かんたん制作クラウド」「簡単動画マニュアル作成クラウド」「CATVポータル提供サービス」を追加する。

 いずれのサービスも、パナソニック製品との連携による利便性向上が特徴となる。また、24時間365日にわたる遠隔リモートでの運営支援や、全国のサービスステーション網によるサポート体制も構築しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]