編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

中京銀行、新基幹システム稼働--日立の共同アウトソーシング活用

ZDNet Japan Staff

2011-10-11 17:53

 中京銀行が10月11日に新基幹システムを稼働させた。日立製作所の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」を活用している。共同運営による開発作業などの集中化メリットを活かし、IT部門を経営支援のための戦略的部門へとシフトさせる。日立が10月11日に発表した。

 中京銀行では、基幹系システムをNEXTBASEへ移行させることで、制度変更などへの迅速な対応を図る。また、NEXTBASEの特徴である自由な商品設計を活用し、より顧客満足度の高いサービス提供を目指すとしている。

 新基幹系システムでは、最新のハードウェアやソフトウェアを採用しており、信頼性の高い安定したシステム運用を実現しているという。また、バックアップセンターを有する2センター構成によって、災害時にも迅速なシステム復旧が可能となり、重要な社会インフラとしての機能を維持するとしている。

 これまで、NEXTBASEには8行が加盟しており、第二地方銀行向け共同アウトソーシングとしては「国内最大規模」(10月7日現在、日立調べ)だという。内訳は、徳島銀行(稼働月は2005年5月、以下同)、香川銀行(2007年1月)、北日本銀行(2008年1月)、トマト銀行(2009年1月)、高知銀行(2009年1月)、栃木銀行(2010年1月)、中京銀行(2011年10月)、大光銀行(2013年度下期に稼働予定)。

 NEXTBASEは、勘定系や外接系などの基幹系システムを、地域金融機関向けの共同利用型として提供するサービス。各種情報系システムと円滑に連携させるための統合データベースシステムのほか、インターネットバンキングシステムを実現するサービスなど、各種サービスがメニュー化されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]