編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通、Lustreベースの分散ファイルシステム開発--FEFSとして販売

ZDNet Japan Staff

2011-10-17 11:45

 富士通は10月17日、Lustreベースの並列分散処理ファイルシステム「FEFS」を開発したと発表した。同日より販売を開始する。

 「Fujitsu Exabyte File System」に由来するFEFSは、PCクラスタシステムにおいて計算ノードからの大量データの読み込みと書き込みの高速並列分散処理を可能にするソフトウェア。富士通では、計算ノードとファイルシステム間の総スループット値で、世界最高の最大1TB/sを実現したとしている。

 FEFSは、高い拡張性に加え、性能と信頼性に特徴を持ったファイルシステム。拡張性の点では、データ容量の要件に合わせ、テラバイト規模から最大8エクサバイトまで拡張できる。規模ベースでは、数十台規模から最大100万台規模のPCクラスタに対応する。性能面では、最大1TB/sの総スループット性能を持つストレージ1万台規模のシステムを構築できるとしている。また、1秒間に数万個のファイル生成が可能なメタデータ操作性能を持つ。この性能は、ベースとなったLustreと比較すると最大約3倍だという。信頼性という点では、ファイルシステムにおける全階層での冗長化構成により、ジョブを実行したままフェイルオーバーが可能だ。

 富士通では、FEFSにPCサーバの「PRIMERGY」とストレージの「ETERNUS」を組み合わせ、ファイルシステムソリューションとして提供したい考え。「PRIMERGY RX300 S6」4台(InfiniBand接続)、「ETERNUS DX80 S2」3台、FEFSライセンスが最小構成システムとなり、価格は2143万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]